心を開く受け答え

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは。
今日は、コミュニケーションを良好にするための
とても簡単で有効な方法をお伝えします。

どうもこの方とは話が弾まない、会話が詰まってしまう・・・
ということってありませんか?
あるいは、口下手で、話すのが苦手という方もいらっしゃると思います。
また、気が合う方とも、もっと会話を楽しみたい時、
より充実したコミュニケーションのためにも有効で、
何時からでも今すぐ結果が出ます。
ほぼ100%と言って過言ではないほど変化するのです。

私自身の経験でも、これをすると心のドアが開かれて、
本音で話してくださっているという実感があります。

それは、
オウムのように相手の方が仰ったことをそのまま言う、
お相手が話されたフレーズの中の要となる言葉を
そのままオウムのように返すことなのです。

例えば
「昨日、映画を見てすごく面白かったの」と言われたら、
『昨日映画を観に行ったのね。面白かったんだ~。』
とそのままオウムのように言葉を返してあげるだけです。

聞いているよ、ということを気持ちを込めて言ってあげる。
ただそれだけなのです。

「あ~そうなんだ」「そうですか」「ふうん」といった相槌と
何が違うかというと、自分が発したものと同じ言葉が繰り返されると、
ちゃんと自分の話に耳を傾け受け止めてくれている
正しく伝わっているという安心感が増します。
また、聞き手も確実に話の内容をつかむことが出来ます。

実際に、こんな例があります。
私が仕事上、このオウムのように返す方法をアドバイスした方が、
実生活で義理のお姉さんにやってみたそうです。

普段なら一言二言程度しか会話が続かないのに
ただオウム返しをしただけで、いつもよりぐっと話が弾んで、
こんなに盛り上がるんだと実感されたそうです。

人は、
『同じ思いを共有してくれている』
『理解をしてくれている』
『興味を持ってくれている』
それが実感できると 更に話したくなります。
普段の何気ない、他愛もない会話の時にも変化します。

また、びっくりするようなことを伝えられた時、深刻な悩みを
相談された時などどう答えたらよいか戸惑うことがあると思います。
そんな時にも大変有効なのです。
あなたのことを、あなたの思いを受け止めてるよ ということが
しっかり伝わり、信頼してくれます。
相談するお相手は、アドバイスを幾つも並べるより、
とにかく吐き出したいという思いがあるかもしれません。

更に高度な受け止めの方法としては、
同じ意味の言葉で別の表現、言い換えをしてあげる。

例「〇〇が気になっているの」
⇒「ということは、○○を改善したいと思っているのね。」

すると、心で深く理解していると伝わり、安心感も増し、
本音の会話になりやすいのです。

コミュニケーションの達人は聴き上手とは、よく言われる
ことですが、
一般的に男性は、話を聞くとすぐその問題の解決方法を
考えて、提案しがちです。

解決策を求めているのか、受け止めを求めているか
見極めることが大切ですが、
大抵の女性は、受け止めて欲しいと感じていることが多いものです。

しっかり受け止めを示すことで、好感度も上がります。

是非今日から試してみてはいかがでしょうか。

今日も素敵な一日でありますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする