夢分析

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

矢鱈に眠い日が続き、

何だか、時間が勿体無いな、

と思いながらも、

眠るのを楽しんでいた。

夢を見るのだ。

ぶつかってしまう、危ない!

と思った瞬間に、

「飛べる。」と信じて飛べる夢や、

自分が最も苦手な状況に立たされて、

前もって準備しておけば良かった、

と思いつつも、

夢だ、と氣づいて、

もう降りよう、と決めたら起きられた、

そんな夢。

何だか、考えてみると、

現実の状況に当てはまる氣がする。

最初の夢は、

ギリギリに追い詰められないと、

自分を信じられないけれど、

「本当は飛べるんだよ、いつでも、

自分を信じたら。」

というメッセージかなと思えた。

苦手な状況の夢の方は、

予測して、事前準備を怠るな、

という事と、

我慢しなくて良い、

抜け出すと自分が決めたら、

いつでも抜け出せるのだから、

という事だろうと思う。

そして、夢全体のディテールは、

過去に実際に起こった出来事で、

その時に理解出来なかったり、

誤解していたりした様な事が

分かるカタチで散りばめられている。

割と夢をハッキリ観れる方なので、

眠っている間に、

いかに色んな事が整理されるのか、

よーく分かる。

だから、眠れなくなると、

混乱してくるんだろうと思う。

悪夢は、見ると、眠るのが、

少し怖くなるけれど、

一拍置いて、分析してみると、

ちょっと、変化する。

それは、夢への影響だけでなく、

現実界にも影響する。

時には、夢を楽しむのも良いもんだ。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする