心のフィルターを外して受け取る

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私達は、一度聞いたり知っていることに対して、改めて知ろうとは
思わない、もう知っているから・・・と興味を持たないことが多いのでは
ないでしょうか。

ですが、その、思い込みというフィルターを外すことで、
知っているはずの情報の中に、新しい発見や自己成長の素、
お悩みの解決の糸口が隠れているかもしれません。。

ああ、それは知っているから、と片付けてしまうことで
有効な情報を見逃してしまっていたら・・・。
とても勿体ないことですよね。

また、新しい知識を発見したり知ると嬉しい気持ちになります。

一日の時間が、新しい発見やワクワク、嬉しいで
満ちていたら、楽しい時間で満ちていたら、
一日の充実感で、心も満たされます。

『目からウロコ』とは、思い込んでいたことが、実はそうではなかったと
本当に理解出来た時、より深く、やっと真の意味がわかる時に
よく言いますね。

全ての情報を柔軟に受け入れることで、ウロコが落ちます。

実際に先日、こんな経験がありました。
外部の先生をお招きして、より気持ちが伝わり易くなるための研修が
ありました。

私にとっては事前に目次を見せて頂いただけで、内容が想像出来るほど
熟知した事柄でした。

『ああ、これ知ってる』スイッチが入ってしまうと、その時間を楽しめませんし、
無益な時間と感じてしまいますので、事前に心のフィルターを外して
目線や立場を色々と変えて楽しもうと臨みました。

私も講師としてお伝えする機会がありますが、講師の立場として
その先生が、始めにどの様に皆の心をほぐされるのか、どの様な伝え方をなさるのかや、
『こんな工夫をされている』という講師としての視点、
それと同時に、一緒に受講される方の反応も意識して見ていました。

例えば、この研修で、先生が一番の狙いとするところ、
大事だと理解して反応して欲しいところに大多数の方は反応していらしたけれど、
中には、サラッと流した部分の内容にとても反応している方がいて
意外に思ったり・・・と
色々な視点で楽しむことが出来ました。

初めて何か情報を受取る時、自分の興味があるところにしか
意識が行きづらいですから、見落としている情報があります。
二度目以降に、知っている内容の情報を得る時には、また新たな気持ちで臨めば
取りこぼしていた情報に気がつけるかもしれません。
前回見過ごしたこと、聞き逃したことを見つけられるかもしれません。

これは、何か特別な機会に限らず、普段の家族や友人などの
人とのコミュニケーションでも同じ様に活かせることだと思います。

相手の感情もその時々によって違うものですから
『ああ、またいつもと同じことを言ってる』ではなく、
同じ言葉でも フィルターを外して深く知ろうとすることで
新しい気持ちで向きあえば、きっとその人の本質に気がつけます。

新たな気づきを得られるシーンはどこにでもあるのですよね。

思い込みは世界が閉ざされて、そこで話が終わってしまいます。

心をオープンに、フィルターを外して
常に新鮮な気持ちで、何か新しいことを探して
その瞬間を愉しみ、有意義な時間を過ごしたいものですね。

今日もお気持ち爽やかにお過ごしくださいね。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする