ストレス作らない方法~想定外の出来事に対して

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

みなさま こんにちは。

自分の中で、『こういう結果になるのでは』『こういう反応を
するだろう』『こうなるだろうな』と大方予想していたこと
あるいは、『これについては、こうあるべき』と考えていることと
異なる反応、結果が返ってきた時、戸惑いや落胆されたご経験は
ありませんか?

私も、稀ではありますが、がっかりした経験があります。

例えば 友人にあれこれ悩みに悩んで選んだプレゼントに
「こういうの使わないんだ」と言われてしまったことがあります。
その方は、さっぱりしたタイプなので、悪気は全くないのは
分かっているのですが、役に立てなかったことにがっかりしました。

また、仕事の中で 研修の為の資料を作成依頼され、
かなり時間をかけ、納得のいくものが出来ました。
上司からは、良いものが出来たと褒めて頂き、
必ず、使うからと言われていたのに、タイミングや諸々の条件が
合わずに、結果的にボツになってしまったことがありましたT T

その時は、かなりがっかりしたのですが、業務が忙しい中、
適切なタイミングを逃してしまったし、今、無理に展開して効果があるか
また、細かい資料だったので、果たして皆に効果的に伝わるか等
考えてみると、それでよかったのかもしれないとも思えました。

また、資料を作ったことが、自分自身の学びとしてプラスになって、
業務に対する理解が深まったことや自分自身のスキルを上げることに
なっているとも感じました。実際、その後からの資料が作成しやすく
なりましたから、結果は良かったと思っています。

予定通りに展開されなかったけれど、得られたものは?
と視点を変えたら、一旦がっかりはしたものの、
残念な気持ちは解消されました。

世の中、自分の価値観と異なることや、予想通りに
いかないことの方が多いかもしれません。

勿論、自分が是とすることが通ればそれも良いけれど、
描いていたシナリオ通りが、必ずしも最善の結果とは
限らないかもしれません。

新たな視点で、ものごとを見つめることができたり、
自分の成長にとって必要なものを得られることも
有るように思います。

想定外な出来事が起こっても、1つのシナリオに固執せずに
『そうきたか、それもあり』かなと柔軟に
考えられると、変なストレスを溜めずに済みます。

思い通りではないことは、自分にとって 嬉しくない出来事と
感じがちですが自分を成長させたり、柔軟になれるきっかけや
宝物が潜んでいるかもしれません。

ポッドキャストもお聞きくださいね。

今日もお気持ち爽やかにお過ごしになれますよう。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする