沢山の要素

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

東日本大震災を、

どこまでも引きづりながら、

またもや大変な事が起こってしまって、

それは序章かもしれない不安を

抱えながら、日々が過ぎていく今。

沢山の情報がネットに浮かんでは

流れて行く。

有用な情報から、様々な意見、

警告、葛藤など。

その中で、ふと、目に止まって、

違和感を覚えて、考え続けているのが、

祈りや折り鶴みたいな自己満足やめろ、

こういう時は金と物資だろ、

という意見。

ブログにも少し書いて、

それでも、なんか、消化不良で。

こういう時こそ、

それぞれが思い思いの、

自分に出来る事をやる。

とても単純だけれど、

それが大切な事だろうと思う。

皆んな同じではないし、

色んな考えがあるだろう。

これが良くて、これは駄目、

っていうのは、

何かを制限する事で、

そういう不自由こそが、

そもそも、苦しみの根源だ。

避難生活を強いられたら、

何が辛いかって、

全て制限されるからだと思う。

何だか、根っこは同じで、

目に見えるか見えないか、

それだけで、

繋がっているんじゃないのか?

そして、

いくら悲しみのどん底にいようが、

恐怖の中にいようが、

心は動いていて、

沢山の事を感じる。

食べ物と水とかだけで、

成り立ってはいないと思う。

身体のこと、心のこと、

区別なく、沢山の要素が揃って、

初めて、当たり前の日常は、

実は奇跡の様に成り立っている。

それぞれが、それぞれの思いを抱き、

それを送って初めて、

少しは、色んな要素が揃うくらいの事、

なんではないのかな、と思う。

そこにいる人達を

支えるエネルギーを送る、

まずはそういう氣持ちで自分を満たして

物事を見つめて行動したい。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする