願いを叶える順番

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

最近、思いもかけない事が
次々と起こっている。
忘れていたが、ずっと
心のどこかに残っていた事。

いつも目標設定する時に
ふと頭にそのイメージが
浮かぶが、それが叶うより
こっちの方がいい。
こちらが先に叶ってしまうと
これが叶わないかもしれない。
そんなもったいないことできない
という思いが沸き起こり、いつも
願いを置き換えてきた。
しかし、いつも打ち消してきた
願いが急に現実化してきている。

その願いとは10年前に投資した
お金が返ってくるということ。
元本保証の確実な投資という紹介で
当時の自己資産金額の1/3である
500万円を投資した。
2年間その運用は堅調に推移し
投資金額の約1.5倍になった。
しかし、今はもう忘れ去られてしまった
サブプライムローンに端を発した
世界金融危機が起こり、運用会社から
資金凍結の一方的な通告で解約する
ことすらできなくなった。
窓口の会社からは事情の説明と
これからその会社に対して訴訟を
起こし、資金を回収したいので
協力を願う旨の書類が届いた。
運用先は外国の会社。
あまりにもかけ離れた世界の話に
諦めて、お金についての良い教訓
となったと自分に言い聞かせ
忘れていた。

それが・・・。
先週、窓口になっていた会社から
訴訟の勝率が80~90%となった。
あとは投資家本人が現地で証言
することで確実に資金が回収できる
という連絡が入った。
まさか、10年もたって・・・・。

明確にイメージしていないことでも
現実化する。
いや、無意識に確実に叶うこと
を知っていたからこそ
もっと、違うことを、
思いもかけないことを
願望としてイメージしようと
していた。

しかし、その願いを比較して
みると絶対に今回の投資した
お金が戻るという話の方が
実現しずらい。
願いが叶うには自分自身が
これは叶いそうだから
と思うものを選択する。
「なったらいいな~」では
叶わない。
根拠もなくてよいので
こんなことイメージしてしまうと
叶ってしまうという根拠のない
自信が必要だ。

そして、必ず言える事は
本当に必要な事以外は叶わない
ということ。

自分と対話して、それは本当に
必要な事か心に聞いてみる事。
それが叶うと、本当に感謝できるか
本当に自分のやりたい事ができるか
そして、それは必要なタイミングで
叶うと確信して待つ事。

多くの人が宝くじがあたるといいな~
とか思うが、本当に叶うとは思える
人はどれぐらいいるだろうか?

それよりも、会社に行くのに
タイミングよく乗り継いで
電車の座席に座れて
楽して会社までいけたらいいな
と真剣に願望設定する人がどれだけ
いるだろうか?
それよりも前者のような願い事を
イメージしたが人が多いだろう。

本当に必要なことから一つずつ
叶えていく。

そうすることで夢にまでみたことが
現実として必要な順番に回ってくる。
そう、必要なことからイメージして
ゆくことで願望は叶うのです。

それも予想もしない速いスピードで。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする