パラレル・ワールド 鏡の原理と心のオセロ・ゲーム

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

パラレル・ワールド、平行世界とか言う言葉、概念が有る。

そして、波動により、常に移行しているとか、シフトしているとか

言う記事も読んだ事が有る。

解りやすく言うと物事の選択によって、違う出来事が起きたり、

日々は常に物事の選択と伴に有るし、その流れが一日の出来事、

結果を決めて行く。人は周囲を囲む万華鏡のように、思いと行いが

周りの出来事に反映される仕組みである。

これは鏡の原理と言えるだろう。さて、人との関係を見る時に、

様々な出来事に良い結果と悪しき結果と有る。これを心のオセロ・

ゲームに例えると、表が裏に引っ繰り返る仕組みが有るのである。

私も、今まで、随分、経験上、心のオセロが引っ繰り返った経験を

している。その時に、ネガティブな思いが続いたりすれば、波動も

落ちると言うものだ。

スピ界で良く言われる五次元なるものが在る。これは、心のオセロ

が引っ繰り返らない世界と言えようか。但し、人間だから、誰でも、

怒る事は普通に有る事であるし、それでも、意識の高い人は内なる

真理、智慧が働き、直ぐに浄化出来るのだと思う。

宇宙人は数百歳のようだが、もっと、長命かも知れない。それは、

ネガティブな感情等は直ぐに浄化出来てしまうのだと思われる。

すると、葛藤も無く、高い波動である愛のエネルギーで五体が充

ちていれば、肉体も老化しないのであると思う。そして、食物を

摂らなくとも、宇宙エネルギーを吸収出来るようだ。最近、不食

の人達も現れているようだ。

さて、世界線とか、タイム・ラインとか言われる事が有るが、

個々人の人生はユニークなタイム・ラインと言えるだろう。私は

無数のパラレル・ワールドがそれこそ人の数だけ有り、同じ時空に

折り畳まれていると想像している。何故なら、人は宇宙であると

思うのだ。

波動によって、より、光の在る世界、地球に移行するのであれば、

鏡の原理とオセロ・ゲームの仕組みは知っておくべきと思うのだ。

そして、魂を包む心が、アストラル体(感情体)が浄化される時に

コア・スター(魂)は光輝くと思うのだ。

誰でも、ブッダに成れるとも言われているかと思う。その道程は

内なる道を求め、周囲の出来事に影響されない強さを保つべき

だろう。お釈迦様の言われたサイの角の如く唯一人歩めとはこの

意味と思うのだ。

写真&執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする