願いが叶う感覚②

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

願いが叶う感覚②

先週に引き続き、願いが叶う感覚
についてお伝えしていきます。

実際、半年分の領収書を受け取り
仕分けに入ってみるとあまりの
膨大な量に残りわずかな期間で
できるのかという不安が
押し寄せてきた。

そして、必要な帳簿の作成方法を
国税局から配布された書類を見ながら
進めていった。

「全くわからない!!」

「いまからこんなことをしていては
間に合わない」

「いまさら出来ないと言えない」

「間に合わなければ迷惑をかける」

次々とできない理由とその出来ない時に
起こる状況が頭に浮かび上がった。

そして、その他の仕事の締め切りも
重なり、心身ともに疲れ果てた。

「できもしないのに引き受けなければ
よかった。ワクワクしたからといって
直感で判断して行動しなければよかった」

私の心には後悔が渦巻き、とことん
落ち込み、体まで悪くしてしまった。

その状態がまる1日続いたあと
数カ月前に興味本意で使ってみた
会計ソフトのことが思いだされた。

そして、ネットで税理士さんの
紹介サイトを見つけ、
伝票を渡せば確定申告を
作成してくれるところもあり、
また帳簿があればそれをもとに
確定申告の作成をしてくれる
ところもみつけた。

よしっ、あの会計ソフトを使って
帳簿を作成し、その後のチェックと
確定申告の作成は税理士さんに
依頼すると期限内でできるのではないか
というイメージが湧いてきた。

ゴールまでのイメージができると
あれだけあった膨大な伝票の
仕分けもスムーズに進み、
帳簿の作成も
予定の1週間前に完了した。

そして、予定の5日前には
税理士さんから確定申告が完了
した旨の連絡が入った。

このように、
①スタートはワクワク感が忘れられず、
見切り発車。
②次に、どん底まで落ち込む。
③解決に必要な情報が集まる
④ゴールまでのイメージが繋がる
⑤一気にゴールまで突き進む

という流れが起きたのです。

願いが叶う感覚は
ワクワク感と絶望の両方を
感じるというものです。

そして、絶望を抜けると
あっというまに
ゴールがやってくる。
そこまでは爽快感です。
悩みも、疲れも無く
他人から見たら楽しそうに
見えるのです。

実際、今回の依頼主からも
仕事の話をしていると
「楽しそうだね」と言われました。

ワクワクは出来るということを
教えてくれるサイン。

それをワクワクという
感情が教えてくれるのです。

絶望は必要な情報と繋がるために
必要な心のチューニング

そして、必要な情報が心に
降って来て、ゴールした
感覚を味わう。

それこそが願いが叶う感覚

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする