納豆と豆腐あれこれから

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ある時、豆腐製品各種を扱っているお店に行った時の話から

始めようと思います。

そこにやや高めの豆腐と安い豆腐が有った。一方は国産の

大豆であり、一方はアメリカ、カナダ産の大豆とある。

そして、遺伝子組み換えでないと書いてある。お店の人に

聞いたら、遺伝子組み換えですと言っていた。

ネットで調べてみると5%以内であれば、遺伝子組み換え

でないと表示出来るのだ。

さて、一般に納豆の原材料を見ると、アメリカ、カナダ産

(遺伝子組み換えでない)と表示している。納豆も豆腐も

同様である。尚、国産の大豆には遺伝子組み換えは使われて

いない。豆腐屋さんから聞いた話である。安い豆腐は50円

台から有るが、遺伝子組み換え大豆を使い、固める為のグル

クロノラクトンを使っている。又、調べてみると解るのだが、

日本で流通している大豆の94%は輸入であり、その7割は

アメリカからの輸入であり、日本で流通する大豆の8割は

遺伝子組み換えだと言う。

コーン油、大豆油、キャノーラ油、綿実油にも使われ、加工

食品に含まれる植物油脂、油脂、マーガリン、ショートニング、

ホイップクリームには遺伝子組み換え食品だと言う。

これらは多くお菓子等に使われているようだ。さて、知らない間

に多く、遺伝子組み換え食品を摂っているようだ・・・

知らずに何時の間にか食品に入っている遺伝子組み換え食品・・・

さて、話は変わるが、これと似たような事が他にも無いだろうか?

知らない間に、気付かない間に曝されている事例が・・・

安倍総理が言ったとされるスクリーニングで空気中の放射線量が

低減した事から、帰宅困難地域の縮小を夏までに検討したいとの

事だった。所で、この空間線量は内部被曝量と関係無い数値だと

言う。内部被曝にとって最も重要な単位は体内に取り込む食品と水と

呼吸する空気中の放射性物質の種類(アルファ線、ベータ線、ガンマ線)

と絶対量(ベクレル)の総計だと言う。土壌の放射能濃度(ベクレル)

は実測されていないらしい・・・

かつて言われたアンダーコントロールが思い出される。

東京以北の関東から東北にかけて放射能汚染はされているが、もう、

メディアでも忘れられたかのように、知らない内に、気付かない

内に不都合な真実が有るのではないだろうか?

自分の健康を守るのは情報弱者に成らずに、自分自身である事を

銘記したい。

執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする