アレルギーの素?ストレス解消のセロトニンを作るには? 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは。

周知の事実ですが、
色々な病気の原因になるストレスは、
アレルギーやアトピーなどの原因でもあります。

食事や生活環境を気をつけていても症状や体調が
優れない、お通じが良くないなどの場合、
ハッピーホルモンと言われる、神経伝達物質の
セロトニンが、不足しているのかもしれません。

このセロトニン、脳で作られるだけではなく、
実は腸で作られる量の方が何と90%と圧倒的に多いのです。

前回、腸は、第二の脳とも言われ、心の状態がダイレクトに
影響を受ける場所だということをお話しました。

実は、食べ物でストレスを減らすことが出来ます。

それは、何故か・・・といいますと

このセロトニンが、充分に脳や体の中にあると、
落ち着いたリラックスした状態を
作り出してくれるのです。

ですから、セロトニンが多く含まれるものや
セロトニンが体内で作られる為の燃料となる
食物を多く頂けばよいのです。

セロトニンが豊富な食物は、玄米です。

私が、玄米を初めて頂いてから3年ほど
経った頃でしょうか。
それまで私の腸は、不規則で常にすっきりしていない
状態でした。
そして心もどちらかというとすっきりしない、
好んでそうしているのかと思えるほど、
マイナスに考えがちな思考回路を持っていました。

玄米食を始めて3年ほど経った頃、
悩みや問題があっても、ものの1分もそれを
考えていられない、気がついたら楽観的な考え方を
している私に変化していました。

他にその思考の変化に影響を及ぼす理由は
思い当たらず、ピーンときたのです。

勿論お通じも 感激するレベルの爽快感です。

他にも、セロトニンの原料になるのは、
お米やパンなどの炭水化物や芋類。

セロトニンの生成を助けるアミノ酸を
含むものとしては、

鰹、鯖、秋刀魚 サーモン にんにく 生姜 バナナ
そして大豆食品については、
消化しやすいお味噌、お醤油、納豆など。

食べ物は身体を作るだけではなく、心の栄養にも
なっているのですね。

食物の他にも、セロトニンのバランスを整えて
くれるものがあります。

・お日様の光を浴びる
人間も植物のようにお日さまが必要な生き物
なのですよね。

・一定のリズムでの繰り返し運動
ウォーキングやガムを噛むなど、
無意識に集中することが、リラックスに繋がります。

・思い切り泣いてスッキリする
可笑しくなくても笑うと良いと言われますが、
実は、泣く方が心の浄化作用が高いようです。
実際、私もそう感じます。
泣けるドラマを見たり、一人のドライブで思い切り
泣いたり。
かけている心のブレーキを外して、わだかまりは
全て捨ててしまいます。それは自分で作り上げたものだから。

・アロマセラピーでリラックス
アロマ効果は、いい匂いのリラックス効果だけでなく、
実際に脳のセロトニンを作る場所に働きかけるそうです。

理由や作用がわかると、不思議と
行動しやすくなります。

出来ることから少しずつ、リラックス リラックス😊
頑張りすぎないで、焦らないで。

そうすれば、心も身体も良い状態にきっと変わりますよ。

どうぞお健やかにお過ごしくださいね。

ポッドキャストもお聞き頂けると嬉しいです。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする