命は一つ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

木曜日担当の歯医者さんの三宅です

今日は少し話が長くなりますかもしれません

実は、最近歯科をやりながら、

有り難い事に少しづつメンタル面でのご相談もお受けするようになってきています

そういう中で、ある方とのやり取りの中から少し加筆して

皆さんにシェアーしたいと思います

その方は、長らくうつ病を患っていましたが、

自分を俯瞰することでメタ認知が育ち、

自分の中から深い気づきが起こり

自分の外の状況に左右されても

すぐにそこから自分の選択で自分の中心の静寂を取り戻すまでになりました

ですから、滅入ったり、悩んだりすることの時間が物凄く少なくなってきているようでした

そこで、先日私のLINEこのようなご報告がありました。

その方の朝の出来事で、
娘さんの△△ちゃんが野菜を食べないことに奥様が感情的になられていて、

それに対してその方(〇〇さん)が奥さんに、
△△ちゃんが怯えているので少し様子をみたらどうかと提案したところ

さらに物凄くキレられて、怒りがMAXになり部屋を出て行ってしまわれたそうです

以前の〇〇さんでしたら、
そこで相手が感情的になったらつられて感情的に説教するか、
数日口をきかない行動をとっていたそうですが

今は、全ては、自分の選択であることを気づいているので、
奥さんにLINEで奥さんに寄り添って、

彼女が毎日大変だよね~そして、
奥さんの気持ちも受け取ってあげるように伝えることができるようになったそうです

以下は〇〇さんに、送った文をそのまま少し訂正してシェア~してみますね

そうですね~、〇〇さん、、

そうやって俯瞰できる視点を持っていると、

ずーっと頭の中にとらわれずに、早く感情から抜け出られますよね(^_^)

奥さんが、怒る感情が出るのは、

やっぱり娘さんは、野菜を食べるべき、

野菜を食べないとバランスが悪くなり成長に影響を与える
とか、

自分が作ったものはちゃんと食べるべき、とか、

今野菜をちゃんと食べる習慣を身につけないと、しつけにならない、、とか、

色んな思い込みがあるため、

自分の内と外とにギャップを生じて、それがエネルギーになって沸き起こっているものです

更に、〇〇さんが、

旦那さんは、
私の意見をサポートしてくれるべき、
味方になって、娘さんにしつけをさせるべき、、とか、、

もしかしたら、〇〇さんには、1番理解して欲しいニーズがあるのに、

夫の理解がない事に、

寂しさと悲しさと怒りが込み上げてきているのかもしれません、、

全ては、自分がこうあるべきだと思い込んでいるものと、
見えているものとにギャップがあるからなんですね。。

そこには絶対に「思い」あるいは、「想い」があります

思いや想いがなければ、感情は絶対に浮かび上がってきません

思いや想いがなければ、苦しみや不安も生まれません

そして、その思いや想いは、人によって全て違うということです!!

僕らは、先ずこの事を頭でいいから、理解した方がいいのです

同じ視点だと思うから、同じ宇宙だと思うから、同じ土俵の上にいると思うから

争いが起きる、

どちらが正しいかの世界になる

奥さんには、奥さんの視点の座標があるし、

〇〇さんには〇〇さんの座標があり、

あいりちゃんにはあいりちゃんの座標がある。。

ただ、単にそれだけなのですね(^.^)

視点が違えば、存在している宇宙が違うのです

この視点の座標の違いというのがポイントです!

つまり誰一人同じ座標ではない、
同じ座標には、絶対になれない、、

だからこそ一人ひとりに無限の価値があるのです!!!

だからこそ、受け取り合う価値がある

地球上で、70億人居たら、70億通りの視点の座標があり、

奥さんの視点には絶対に立てない

だから、全ては、かけがえのない存在なのです!!

悲しさも苦しさも冷たさも不幸な感じも、
この世の終わりだ、くらいに感じることも、、

皆んな違うから、

味わうことができるのですね

さてと、、

ただですね、、

今日の話はここからが、本題です(⌒▽⌒)

自分の中の思い込み、

信念、観念、

こうあるべき、こうすべき、大体普通こうでしょう、、とか、、

自分の感情が沸き起こる原因を探しに、

自分の中に内省が起こった時の、もう一つの視点があります

つまり、何でこんな怒りがでるのだろう
とか、
何でこんなに、相手の言葉に腹が立ってしまうのだろうと、

自分の中を見る視点があります

自分の感情、思考を観察している視点

視点というより、「気づいている意識」とでも言った方がいいのかな、、

あー自分は、これこれこんな思い込みがあるから怒りがでるのだな、

と言うのを観ている視点です!

気づく意識です

これには、深い真実があります

実は、、

この視点、

この気づく意識は、本質は、

全ての存在に共通(同じ)なのです!!!!

奥さんも、〇〇さんも、△△ちゃんも、私も、どんなどんなどんな人も、、、

同じなのです

全てに共通なのです!!

つまりそこには、視点の座標がありません

視点の座標が消える事を

「愛」と呼びます

つまり、僕らは今まで、皆んな皆んな違う視点を持っている、、
と勘違いしている世界にいるわけです

それは、普段の僕ら、

「私」「自分」

があると思っている世界です

分別の世界です。
人は社会的な生き物、存在として捉える世界です

自分は、
自分と自分以外があるから、自分なのです

自我は、自分の視点を自分で持っていると思い込み、

観念も信念も、

それから生まれる思考も感情も、行動も、全てが自分の物だと言うのです

自分がやっているのだと思い込んでいるのです

そういう分別の世界に僕らの社会は成り立っていると、

そこに生きているとほとんどの人がそう思っています

だから、分別によって責任のありかをはっきりし、

常識や法律で規制をして、

罪と罰が発生するわけです

怖れや不安は、そうしたありたくない自分自身を100パーセント信頼することで生じるのです

分別が発生すると同時に、怖れがやってきます

赤ちゃんに分別が芽生えるとき、お母さんと他人を分けることができるようになると

他人に抱かれると怖さが生じます

これが人見知りです

あ、これは、いい、悪い、と言っているのではないのです

そういう世界観の中に無意識的に同化していることに気づいているかどうか?

自分が、〇〇さんという役を演じていることに気づいているかどうか?

ここが重要です!

僕らは、分別の世界にどっぷりと浸かりきっています

分離の世界に同化しています

でも、本当は、

それは幻想です(^_^)

そんなものは、後からそう思い込んでいるだけなのです

〇〇さんは以前より楽になってますよね~

何故かと言うと、昔より自分と言う視点の座標が少しづつ消えているからです

自分の視点の座標など、本当は無いのですよ

無いのに、さもあるかのようになればなるほど、苦しみは、増えていきます

滅入ることも多くなります

完全に自分と言う視点の座標が無くなった時、

本当の愛で満たされているのに気づきます

自我は、自分は、最初から無いことに気づきます

その時、途方も無い、「愛」を感じます

だって、最初から、何も分かれていない事に

この世には、分かれているものは何一つない事に気づきます(気づく本人はいませんが・・)

その時、人は生まれ代わらずに、永遠でいられるでしょう

そもそも、この世のに、人はいないのですから、、

起こるべき事が、ただ起こるだけなのですから。。

罪も罰も、いいも、悪いも本当は、何処にもありません、

それを体感するのが、この世の学びです\(^o^)/

全ては、

愛です!

愛とは、境が無い事

愛とは、命と言う事

本当に、命は、一つしかありません

たった一つしかないんです

だから、肉体がなくなっても、魂は離れても、命は、無くならない

僕ら(と言う現象、表れ)は、ただ、命を共有しているだけなのです

命を表しているだけなのです

だから、命は一つ

愛は命の事です

その辺の話はまたの機会にしましょう~\(^o^)/

いつも、読んでくれて、ありがとうございます

執筆 三宅信義


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする