健康になるために⑯我慢していませんか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは。

先週までは3つのポイントについてお話しました。

その3つ目の神経バランス~つまり「心のバランス」

についてもう少しお話したいと思います。

どなたも日常生活の中で、我慢していることの

1つや2つ おありなのではないでしょうか。

やりたい仕事ではない

ノルマがあり、達成させるのが大変

サービス残業

付き合いで気が進まない飲み会

などなど

小さな我慢でも積もり積もれば

いつしか爆発します。

カラオケで歌って発散させたり、スポーツで

気が晴れてすっきり

と 解決出来れば良いのですが、

解決出来ずに 心の中でくすぶっていると

大抵の場合、どこかに症状として表れます。

一番良いのは、心が強くなって

大抵の事には動じないでいられ、人がどう思うかではなく、

自分の心が何を求めているのか、自分にとって最善

最適な判断ができたり、そんなことどうってことない

と思えるようになることです。

そして、自分が本当にやりたいことではないのに、

気が進まないことなのに

無理をすること  これだけは避けたいです。

以前の私は、人からどう思われているのかが

とても気になる性格でした。

そして、気が進まない飲み会にも行きました。

また、どちらかというと心配症で

不安な気持ちを抱えていることが多かったのです。

そんな私が、強い心を持て、心配ばかりしているのを

やめることが出来た理由は3つあります。

1つは、ゆるマクロビです。(厳格な玄米穀物菜食ではなく

ゆるやかに)

玄米は、脳内伝達物質、幸せホルモンとも言われ、

心身の安定に大きく影響するセロトニンの合成を

促進させるのです。

ゆるマクロビをし始め、3年ほど経った頃でしょうか。

心配事を考えても3分もしない内にいつの間にか、

他の事を考えているということに気がつきました。

そして、2つめは、心が喜ぶ選択をするように

したことです。

例えば、気が進まない集まり。

思い切って参加しないと決めました。

自分が楽しめていない集まりは、同席される方にも

失礼ですし、無益な時間でもったいない。

自分の心が喜んでる?求めてる?

これを基準にしたら、行動の選択に迷いがなくなり

すっきりしました。

3つめは、セルフヒーリングです。

玄米でセロトニンが増えても、心が喜ぶ選択を

しようとしても、時に抗えない不安のタネが

表れることがあります。

不安や心配など恐れの感情。

出来事が起こってもいないのに、自分が作り出している

に過ぎないのに、

その恐れの感情に飲み込まれそうになったら

その時は、徹底的に心のお掃除です。

これができるようになってから、

『大丈夫。必ず解決する。上手くいく』

そう心を強くすることができるようになりました。

今も自分に大きな課題はあります。

でも必ず上手くいく

そう信じています。

あなたもきっと解決できます。

3つのうちどれか1つから始めてみては

いかがでしょうか。

本当にすっきりします。

今日もお健やかにお過ごしくださいね。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする