健康を手に入れるために⑬

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

みなさまこんにちは。

何となく気分が優れない、朝すっきり起きられない、風邪をひきやすい、

あるいは アトピー・花粉症・喘息などのアレルギー症状でお困りの方

その他身体に不調を感じていらっしゃるどなたでも気をつけて頂くと、

ぐっと調子が良くなる、 大きな3つのポイントがあります。

気をつけると良いことって沢山あります。 例えば、食、生活環境、

ストレスをためない・・・などなど。

それらは大きく言えばこの3つのポイントの中に含まれるのだと

私の中でパズルのピースがはまるように まとまったのです。

今日はそれをお伝えしたいと思います。

ではその3つのポイントとは 何でしょう?

その1つめをお伝えします。

それは 血液の浄化です。

現代の食や夜更かしなどのライフスタイルは、 血液が酸化しやすい状態です。

酸化とは、血液が酸欠状態だということです。

すると、新陳代謝が不活発になったり、ミネラルが少なくなり、
ウイルスなどが好む環境になるのです。

それで、ちょっとした気温の変化で風邪をひいたり、 疲れやすかったりします。

血液の酸化しやすい食べ物として、アルコール、ジュース、牛乳、乳製品、

化学物質、卵、揚げ物、マヨネーズ、ポテトチップやスナック菓子 など があります。

大好きなものばかりでしょうか?

これらを急に一切やめるというのは、 辛いものがあるかもしれませんね。

そうしたらそれを解毒したり、和らげたりする食べ物を頂けば、

いくらかバランスは保てます。

例えば、鶏の唐揚げ。 スパイスがきいていたり、頂くときにレモン汁を

かけたりしますよね?

あるいは葱と一緒に串に刺さっていたり。 実は、これらは解毒になっているのです。

美味しい組み合わせは、美味しいだけではないのですね。

でも、スナック菓子などの油の酸化具合は相当なものですし、

化学調味料も入っていますので 少しずつ頂く機会を減らしていけるとよいですね。

肝臓が、頑張って解毒するのは、アルコールを飲んだ時だけではなく、

そういった食品を頂いたときも解毒しようとフル操業してしまうんです。

何となく身体の調子が優れないという方は、そんなところから見直しをされると

よいかもしれません。 また、アレルギーなどの方は、

更に油分の少ないお食事を 心がけられることをおすすめします。

血液を綺麗にするために大切なことは、ミネラルの多い食物を 頂くということです。

そうすることで、身体は、酸化とは対極のアルカリ性に近づきます。

すると、血液が綺麗になり、治癒力 抵抗力なども上がります。

おすすめの食材としては、わかめなどの海草、
血液サラサラ成分のDHAやEPAが含まれる青魚。くるみ、
長葱、玉葱、ごぼう 玄米。

オメガ3オイルと言われる、亜麻仁油、しそ油、えごま油。

そして意外かもしれませんが、
お塩やお砂糖にはミネラルがたっぷり含まれているのです。

ただし、精製塩はミネラルが取り除かれて99%ナトリウムになっていますから、

天然塩を選んでくださいね。天日塩、平釜塩、岩塩などと書かれたものがそうです。

海の塩とうたっていても、90%前後ナトリウムが含まれたものは精製塩です。

袋の裏側の成分表でチェックしてくださいね。

お砂糖は控えめにしたいですが、黒砂糖や、粗製糖と言われる、白くない

お砂糖にはミネラルがしっかり含まれています。(とはいえとりすぎ注意です)

逆に白砂糖は、栄養がほとんどありません。それどころか身体の中の

カルシウムを奪ってしまいますから避けて欲しいです。

三温糖は白砂糖を焦がしただけですからご注意くださいね。

あとは、麦茶や三年間発酵させた三年番茶、杜仲茶などの

お茶もおすすめです。

出来るところから1つでも何か取り入れると変わってくると思います。

どうぞお健やかにお過ごしくださいね。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする