目的と使命

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私のヒーリングは、相手の潜在意識が

作る、夢のような映像が見えるのだが、

前世の事が出てくる人が、少なくはない。

それで、私自身が分かった事があって、

前世で果たせなかった事を、

今世で果たすという目的を持って、

私達は産まれてくるという事。

例えば、前世で、全く部屋から出ないで

一生を終えた人がいた。

その人は、ずっと、外の世界に憧れ、

眺め続け、想像しながら終わった。

今世では、とても臆病で控えめながら、

平凡な家庭を築いて、幸せに毎日を

過ごしている、家族と共に。

一見すると、特に他人からは、

この人生の価値は分からないだろう。

だが、前世、一歩も出られなかった人が、

今世では、家族を作るという、

大それた事までこなして、普通の暮らしをしている、

これは、もう、奇跡なくらい、

目的を果たして、魂を進化させた

としか言えないくらいの事だと思う。

ここでいう、目的とは、こんな意味で、

将来の夢、とかとは少し違う。

この目的は、結構無意識で、

例えば果たす事が出来ていたとしても、

あまり本人に自覚がない事が多い。

むしろ、知る事が出来たなら、

もう少し毎日が有難くなるのにな、と思うくらいだ。

そして、使命の事を最近よく思うのだが、

これは、私利私欲の夢とは、違うところにある。

自分の夢や、目標を、私達は、

日常的に描くと思う。

こうなりたい、こうしたい、そんな願望。

そこで、少し、振り返って欲しいのだが、

その願望は、誰の為になるだろうか?

自分以外の人間も、幸せに出来ることだろうか?

ここで考えてみて、それが、

自分だけのものであったとしたら、

それは、使命ではないと思う。

使命ではないから、いけないと言っているのではない、

ただ、それは、使命ではないだろう。

使命とは、自分も、みんなも幸せになれる事、そんな接点を持った場所にある。

自分が、好きでやれて、楽しくて、

為になる事であり、誰かを助けたり、

幸せに出来る事、それが使命。

これを、みんなが見つける事が出来たなら、

結構、世の中が平和で幸せになるのではないのかな?

というか、物凄く違う世界になるのではないのかな?

と、いう事を、よく考えている。

情報に踊らされて、一喜一憂するより、

これを見つけ、夢中になれる方が、

人生は、楽しいから。。

島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする