健康を手に入れるために⑫積極的に頂きたい食物、避けたい食物

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

みなさまこんにちは。

食物の中には、痒みなどの症状が増したり、
抑えられたりする成分があります。

ヒスタミン(ヒスチジンというアミノ酸)が多く含まれる食物と
アレルギーとの関係性も見過ごす事が出来ないものです。

鯖を食べてじんましんが出た、などとお聞きになったことがありませんか?
これは、ヒスタミンのしわざです。

鯖や、カジキマグロ、ブリ、鮪の赤身のお魚には
このヒスタミンが多く含まれています。
(正確には微生物が作り出す化学物質なので
保存状況によってあまり出なかったり、沢山出たりと量が変わってきます)

またお魚だけでなく、
野菜などもほうれん草、茄子、筍、トマトなどにも含まれています。

どなたもが、全ての食物に対して反応するわけではありませんが、
食べたものを日記につけていると、
どれに反応しているか大体わかるようになります。

茄子など食べると口が痒くなったり、そもそもあまり好まなかったり。
もともとチョコレートや海老は良くないと聞いていたので
与えずにいたのですが

とはいえ、鰯や鮭、秋刀魚や蕎麦などは、
是非すすんで摂りたいので、様子をみながら頂きたいです。
(明らかにアレルギーがあるものは避けてくださいね)

ヒスタミンを抑える食物もありますので、
そちらを積極的に摂ることでうまく活用したいですね。

ヒスタミンを多く含む食物😱

チョコレート・ココア・コーヒー・ワイン・ビール・お餅
お蕎麦・サラミ・ほうれん草・里芋・筍・トマト・茄子・
卵白・イカ・さば・鮪・鰯・鮭・タラ・秋刀魚・アンチョビ・魚缶詰など

ヒスタミンを抑える食物😊

いちご・ブロッコリー・小松菜・キャベツ・きのこ・海草
レモン・オレンジ・ブルーベリー・ぶどう・甜茶・紅茶
緑茶・ヨーグルト・納豆など

息子の場合は、甜茶がとても功を奏しました。
本当に症状がひどい時は、ヒスタミンを抑える食べ物でも甘い果物は
避けたほうが良いですが、様子をみながら試してみてくださいね。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする