健康を手に入れるために⑪

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。

お肉、お魚の他に満足度、栄養価が高く、昔からあって

身体に優しいお料理の素材が色々あります。

高野豆腐、お麩、グルテンミート(小麦の中の蛋白質成分から

作ったもの) 大豆から出来ている「畑のお肉」など。

栄養価も良質な蛋白質や必須アミノ酸がしっかり含まれていたり、

調理法によってはお肉のようなボリュームと感覚で、肉じゃが風や

唐揚げ風など、バリエーション豊富です。

今日は車麩のメニューをご紹介します。

車麩は、素揚げをしたり、水で戻して小麦粉や米粉をつけて揚げ焼きして

調味すると、お肉のようにコクとジューシーさがあり、主菜としても

満足出来ます。

車麩とお野菜の煮物きび卵とじ風

<材料 2人分>

車麩2枚 キャベツ 小ぶりのもの 1/3個分位 5cm長さ程度のざく切り

人参 1/4本 乱切り

きび(あれば)大さじ2杯

お醤油 大さじ3 昆布だし汁(昆布3cm長さ位のもの

2~3枚を水につけておいたもの) 塩 ひとつまみ

みりん大さじ1(お好みで)

1 車麩は大さじ1~2杯の油を鍋の淵から回しかけ

さっと揚げ焼きして、1/4に切る。

2 昆布をお鍋の水に浸しておいたところに、洗ったきびを入れる。

その上に、キャベツ、人参、車麩を重ね、塩ひとつまみを振り、お水を注ぐ。

お水の量は、具がひたひたになるかならないか位。

お鍋を火にかける。

3 野菜に火が通ってきたら お醤油(みりん)を加え、蓋をして少し煮る。

4 蓋を取り、火を強め、鍋の中央を空け、煮汁を飛ばして仕上げる。

きびや粟を一緒に煮ると、卵とじのようになり

ご飯の上にかけても美味しく頂けますが、なければ構いません。

他のお野菜の組み合わせでも美味しいです。

白菜としめじ  青梗菜と玉葱、人参 大根と人参

葱と春菊 など

また、お肉の揚げ煮のようになったり、衣とパン粉をつけての

車麩カツやカツ丼は、とても美味しいです。

また、シチューの具など、洋風の味付けも美味しいです。

調理次第で色々楽しめます。

是非やってみてくださいね。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする