言葉が先

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もうすでに、お気付きの方も多いとおもうのですが、

先に言葉を発すると、それが現実になるという事。

それでも尚、ウッカリ、ネガティヴな言葉を言ってしまう事もありますが、

以前よりも、言葉に重きを置くようになったところ、
確実に流れが変わりました。

私が様々な聞きかじりから、やってみて、
大きく効果を感じた事が、言い切る事。

例えば、こうなりたい、と思う事があったのなら、

こうなった、と、言い切る。
そして、感謝の、ありがとう、を言う。

この時、言葉として発した事が、現実界に現れる事を、信じる事、疑わない事。

現れて来るのを、楽しみに待つだけで良いのです。

だって、どんなカタチで届くかは、不明なので。

私の場合の一例を挙げます。

私は、現在、田舎に移住して、小さい子供を自主保育という感じで育てているので、
何処かに働きに出るというのは、難しい状況。

そんな中、誰にも雇われたくないし、
子供との時間も、家の事をする時間も変えず、生業を見つけるという、
中々に、これまた難しい願いを、ある時、願いました。

こう、言い切って。
「私は、誰にも雇われず、家で出来て、人も自分も幸せになれる事が、生業となった。」と。

そうすると、遠隔ヒーリングが生業となったのです。

思い掛けないキッカケで、ヒーリングが出来るようにはなっていた、
その頃ですが、別に、生業になるとも思わずにいました。

それが、その言い切りから、程なくして、
私をヒーリングに誘ってくれた方が病に倒れ、
私がヒーラーとしてやって行く、と決めたら、
ネット上で、チラホラ、私のヒーリングが紹介され始めた、という流れです。

2年前位の自分からしたら、
なんで、あんた、そこにいるの?という感じで、訳が分からないと思います。

私は、何年か前から、人生が、どんどん思い掛けない方に行けば良い、
と発して来たのですが、それは、確実に、そうなりまくっています。

それまでは、心にあっただけですが、発した時から変わるのです。

先日、iPhoneを電車に忘れ、
失くすのも嫌だし、遠くで見つかって、取りに行くのも嫌だなあと思ったので、
すぐに、こう発しました。
「あった。東京駅に。」と。

つまり、東京駅で、iPhoneを受け取ると、宣言した訳です。

結果から言うと、叶いました。

中央線に忘れたので、物凄く遠くで受け取らねばならない可能性も大でしたので、
宣言の偉大さを痛感しました。

ポイントは一つ。
こうなりたい、こうしたい、では無くて、
もう、あたかも、そうなった事として、発して、
感謝してしまう事。

後から、辻褄があった事が起こるのです。

執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする