夜明け前が一番暗い。果たして夜は明けるのか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

この投稿記事も
2015.1月から毎週金曜日(イレギュラーでプラス2回投稿)
に欠かさず投稿し続け今回で48回目になります。
いつも読んでいただいている皆さまにココロからの感謝を。
ありがとうございます。

今1年の中でいちばんの繁忙期。志事に走る日々。
休みを取るのもままならず体調を崩したりしたなかで
記事投稿に追われている感があり
「書かなくては。」というおもいに書くことを
ココロから楽しめていない、、、、。
自分が楽しめていない限り、読んでいただく方も
あたりまえに楽しめないだろうなあ、、、と申し訳ない気持ちに。

1度くらい休んでは?といったささやきも何度となく
どこからか聞こえてくる。
執筆者の中には「書きたいときに書くよー。」
という感じに見受けられる方もいらして正直うらやましくも思う。
思うが、わたしはやはり毎週投稿したい。
真面目といえば真面目、融通が利かないといったらそうなるだろう。
今までも「よくどうしていつもいばらの道の方を進む?」とか
「七転び八起きだね。」とか言われてきた。
7回も転んだかなあ、、、と自分では思う。
きっと転んだことにも気づいていないのだろう。
本人にとっては転んだことにならないのかもしれない。

もう50年以上もこのわたしで生きているから根本的な性質は
変えられないと思う。ただ感じ方は簡単に変えられる。

自分がすきでそうしている。
ひとは本当にすきなことしか続けられない。

何度となく記事にも書いていることなのだけれど
とてもとてもシンプルで大切なことだから何度でもきっと書く。
「アミ小さな宇宙人」にも書いてあるもの。
大切なことはいくら言い続けても充分ではない。と。
ひとはいとも簡単に忘れてしまうから。

今のわたしが100パーセントのわたし。
これ以上、これ以下もないのだ。すべてを受け入れるしかない。
受け入れるならせっかくだから楽しみたいよー。

と、なかば言い聞きかせる日々でいつものごとく
ぐるぐるとしていたらですね、
そこらへんスバーッと根こそぎ持って行かれてしまいました。
なんとなーくはわかっていたもののパキっとクリアになりました。

先日、人気ブロガーであり作家の阿部敏郎氏のコラボ講演会
「ノンディアリティーの夜明け」が東京であり
舞台の花を担当させていただきました。
その経緯はまた後日。

「ノンデュアリティ―」非二元
皆さんはもうご存じなのでしょうか、、、。
私は今回の講演で初めてその意味を知りました。
意味を知ったとして実際に体験した人にしかわからない世界観。
いや、その世界観すらもないのです。
空間も、時間も、わたしたちも何もかもが存在していない。
前世も未来も過去も魂さえも。起きることがただ起きているだけ。
色即是空の色と空はふたつではない、、、、、。

限界がある言葉で表現していくしかないから
それはとてもとてももどかしいのだけれど
わたしのなかではすでに知っていたこと。
頭ではまだ理解できていないから(理解するのは不可能とのこと)
わたしからその説明はできないけれど。
自分で感じるしかないらしい、、、、。

ある時ふいに、すべては今この瞬間に起きている
前世も未来も過去もこの瞬間なのだ。
と感じてから数年が過ぎた今、この「ノンデュアリティ―」
を知ったことでまたその感覚が真化していくのでしょう。

結局はすべてが他力だということ。
そうならばやっぱり。やっぱりですね
すべてに深く深く感謝し瞬間瞬間愛に満ちて生きるしかない。
わたしたちに今できることはそれしかない。
それしかないけどそれができたら世界は変わる。

その世界もないのか、、、、。
、、、、、、、
すべてが愛でできている。とわかるんだなきっと。

写真&執筆 村上志乃


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする