健康を手に入れるために⑨雑穀のちから

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。

皆さまは、玄米や雑穀を召し上がったことがおありでしょうか?

玄米や雑穀の良さが見直され、随分メジャーになりました。

◯穀米などとうたわれて出回っています。

私が初めて雑穀を見たのは、子供の頃、きびの黄色い粒で、

小鳥の餌の中に入っていたものです。

可愛いつぶつぶ♪と思っていましたが、人の主食の一つとされていたことは

玄米を食べるようになってから知りました。

雑穀には、粟・ひえ・きび・キヌア・アマランサス etc.と色々あります。

この雑穀、パワフルな栄養素とミネラルが沢山詰まっています。

例えば、きびの栄養素。

銅・マグネシウム・亜鉛・鉄・カルシウムなどミネラルが豊富で、

蛋白質やビタミンB1 B6 ナイアシンなど。

ミネラル不足になりがちな現代食に嬉しいです。

ご飯と混ぜて頂くのもご飯がもちもちになって良いのですが、おかずだと

沢山頂けます。主菜にしたり、メイン料理にあんかけ風、ソースにしたり、

スープにしたりと色々と楽しめます。

今日は応用の効く、きびのおかずをご紹介します。

<きび団子・ナゲット>

材料(4人分目安)

きび 1カップ 水 300cc前後 塩ひとつまみ

片栗粉 大さじ2 塩 少々

たれ(お醤油 大さじ1 みりん大さじ1 (粗糖 大さじ1))

1.きびは茶こしなどに入れてよく洗う。1時間程度はお水につけておくとよい。

お鍋に入れ、お水300cc と、お塩 ひとつまみを入れ、強火にかける。

へらでかき混ぜながら、お鍋の底が見える様になったら弱火にし、蓋をする。

水分がほぼ無くなるまで。そのまま10分程度蒸らす。

2.炊いたきびと片栗粉大さじ2(または小麦粉 大さじ3)と塩少々を加え

粘りが出るまでつぶしながら軽く擦る。

3.12等分位に分け、丸める。(ラップでくるんで形作るか、スプーンで

まとめたら、さっと茹でてオーブントースターで軽く焼く。

4・お鍋にたれの材料を入れ、中火にかけ、煮立ったらきび団子を加え

とろみをつける。

※ 炊いたきびに小麦粉大さじ3とお塩ひとつまみを混ぜ、ナゲット型に

して周りに小麦粉を軽くまぶせば きびナゲットに。

その他

◆スープやシチューのとろみ付けに

スープ600cc 程度に野菜と共にもちきび大さじ3~4杯を入れ、とろみを付ける。

コーンスープ、野菜スープに入れると彩りも可愛らしいです。

◆コロッケ

みじん切りの玉葱と1/4個分と一緒に炊いたもちきび100g位に対し、

蒸したかぼちゃやじゃが芋を加えてつぶし、豆乳大さじ3位と

軽く塩味で調味する。水大さじ3と薄力粉大さじ3をといたものに

俵型に形作ったコロッケをくぐらせ、パン粉60g程度をまぶす。

250℃のオーブンで20分位焼く。

きびは、少しエグみがあるので、かぼちゃや玉葱などと

一緒に炊くと気にならず、美味しくなります。

~ねばではなく、楽しそう、出来そうなところから

無理なく段階を経て行くと良いと思います。

ご飯に入れて炊く、スープなどから どうぞ。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする