創造 維持 破壊 そして統合へ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


人生において、又、ニュースで見る様相として見えるモノに、
創造、維持、破壊と言う宇宙の三要素が見て取れる。
これは、ヒンズーの伝統でも、ギリシャ神話でも言われている、
三相なのである。さて、この三つの要素が人生の現実において、
いかなる作用を及ぼしているかを考えてみたい。

肉体であれば、日々食物、水分を飲み食べる。
そして胃腸により同化吸収され、栄養と成り、全身に運ばれる。
そして、新陳代謝され、不要なモノは排泄される。
ここに、この三要素は見て取れるだろう。

さて、日々、人生は欲求の選択と充足の連続である。
それは創造でもあり、買い物は日々の活動でもあるし、
そして部屋には不要に成ったゴミが日常溜まって行く。
その日々のゴミ捨て等の新陳代謝は維持と言えるし、
しばらく掃除をしないでいると、複雑系よろしく、
部屋の乱雑さは増して行く。その作用の極まった様相は、
ゴミ屋敷と言われる。それは、破壊の相を表しているだろう。

又、人間関係において、初めに出会いがあり、日々友情や愛情が、
積み重なって行く。この相が創造と言える。
又、互いに思い違いや性格の不一致等、不協和音が響く事もある。
人間関係が続いて行く間を維持とすれば、喧嘩や別れる事態と成ると、
破壊の相が現われる。かつ、人間関係が続いていても、続かなくても、
心の中には解消されない重荷やトラウマに成る事もある。
これはネガティブな観念の固まり状のモノであり、それは破壊の相を
持つとも言えるだろう。

ここでイエス様の言葉を心に留めたい。
心の重荷を私の下に降ろして行きなさいと・・・
人の苦しみとは心の中の解消されない、癒されていない思いの層、
又、観念の固まりのようなモノが作り出すのである。
それは自覚されない場合もあるし、常に人を責めて止まない人や、
自らの心を見ようとしない人も居る。又、人を利用しようとする人や、
嘘を言う事が習慣の人や、人を騙して喜ぶ人も居るし、権威を
振りかざして、人を支配する人も居る。

さて、様々な心の様相の人々が居る中で、本当に調和された平穏な
心に至るには、何が必要だろうか?!それは、維持の中にゼロ点が
在るとすれば、創造と破壊の相もゼロ点から生まれたのだ。

光と影も、表と裏も、愛情と怒りや恨み、憎しみも、愛と恐れも、
エネルギーの方向性が違うだけなのだ。そして、この二極性は、
人生で避けられないと言える。誰もがその中で懸命に生きていると
言えるだろう。その人らしい生き方で・・・人様々であるが・・・
その事を理解して、人生を見詰め、振り返り歩みたいと思うのだ。

そこに人間関係で理解が生じるならば、誰もが、その時、
そのようにしか、生きられなかったと、そのような現実が見えて来るの
ではないかと思う。理解と許しは表裏一体のモノであろうし、直ぐには
癒されない心の重荷を抱えていたとしても、日々捉われや拘りを外して、
溶かして行く歩みへと、日々、自らの望む生き方を、うまずたゆまず
歩んで行きたいと思うのだ・・・

そして、透明なピュアな心が現われるならば、フツフツと生きて、
生かされている喜びが自然と湧き浮かんで来ると思うのだ。
私も折に触れて、道端の花を見た時や、空の雲を見上げていて、
又、自転車に乗っている時に感じる事もあるのだから・・・

写真&執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする