想念の世界を思い出すまで準備万端な毎日を。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もしもわたしたちが想念の力を思い出し
テレパシーが使えるようになっても
ココロの中でつぶやいたり思ったりしていることが
全部全部わかってしまうようになったとしても
すべては愛でできているから大丈夫だからと思ったりする
今日この頃。
それはジャッジのない世界。植物たちの世界。

植物たちは脳も神経系もないのに!
記憶を持ち伝達することができる。
種を繁栄させるために外界に反応し姿を変容させていく。
そしてわたしたちの気持ちさえも感じるという。
なぜ
「脳も神経系もないのに!」とビックリマークかというと
脳や神経系があることで
わたしたちは外部の情報の伝達と処理を行える。
とされているから。
現状の物理学等では五感の世界の経験のみからの
見解ででしかその真偽を論ずることは出来ないといいます。
それは、そうではない。とも言い切れないことでもあり
50%はそうだ!ということになるのです。

わたしたちの身近にいつも寄り添っている植物たちは
想念の世界に生きています。美しい世界に。

以前の記事にも書きましたが
玄侑宗久氏は
現代語訳 般若心経のなかで植物はまた別の世界に住んでいて
空を空のまま感じる能力を持っていると語っています。
「動物たちは、ある意味で植物よりも退化したのかもしれない」とも。

植物たちの世界はわたしたちの
ルーツそのものなのかもしれません。

、、、、、、では、
テレパシーとインスピレーションの違いはなんだろう、、、、?
と今、急に感じて調べてみました。
調べたなかで今のわたしにいちばんしっくりくる説明が

「テレパシーもインスピレーションも
五感を超えた世界の話し。
それは波動の世界であり、テレパシーは、初歩的な波動操作。
五感を超えた世界で活動するための基本!
インスピレーションは神からの情報を
テレパシーで受けるということ。
自分が今まで得ている情報の抽象化、一般化である。」でした。

インスピレーションさえも自分の中にあるものなんだ、、、、?
やはり。すべてはわたしたちのなかにあるのですね。
前にインスピレーションには時間差があることもある。と
聞いたことがあったけれどこれで合点がいきました。

ではでは、
インスピレーションと直感の違いは???
、、、、きりがないのでまたの機会に!
知りたくなったらすぐに調べることができて
本当にありがたいと思う。
普段はテレビも見ず新聞も読まずですが、、、、、。

想念の世界をわたしたちが思い出すであろう時は近い。

だからこそ今、それまでの準備が大切で
ココロの中でつぶやいたり思ったりしていることが
全部全部わかってしまってもすべては愛でできているから
大丈夫だから、自分のおもいにも、相手のおもいにも、
ジャッジをしないようにココロから心がける。

それは
ネガティブなことは思わないようにしようと
おもいを押し込めるのではなく
ポジティブなことを思えないと
自分を責めるのではなく
そのまま、ただそのままのおもいを感じ味わいつくすこと。

今目の前のひとや出来事、それだけに集中し
感謝の気持ちとともに味わう
準備万端な毎日を。

写真&執筆 村上志乃


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする