女性の才能

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

何度かご紹介していますが
私は塾で小中学生を対象に
論文の講師をしています。
子供達と接する中で
才能が現れる機会に
何度も出会ってきました。
今回はその一つを
ご紹介します。

私の中学生の授業では
新聞のコラムを題材にしています。
生徒にはコラムを読んで
25文字で内容を表す見出しを
書く課題を出しています。
ある日のコラムの内容は
古典的な川柳が含まれ
詩文に富み内容からすれば
大学受験の課題と同レベルの
内容でした。
多くの生徒が全く内容が
理解できず解答が書けない中
驚きの発見があったのです。

女子生徒と一部の男子生徒に
素晴らしい解答が出てきました。
コラムに出てくる古典的川柳が
醸し出す風情をみごとに
25字という短い文字で
表現していたのです。
彼らは特に国語の能力が
優れている生徒かというと
そうではありません。
彼らより文章力もあり
読解能力にすぐた成績優秀な
生徒は他にもいました。
しかし、今回は全くそのような
生徒ではなかったのです。

今回の才能についての
新たな発見のポイントは
2つでした。

一つは女性的な性質に才能が
備わっているということです。

今回の題材は多くの生徒が
解答に苦しみ問題に対する
感想においても
「全く何を言っているのかわからない
というのが率直な答えです」
の言葉に代表されるように彼らの理解を
越えた問題だったのです。
しかし、今までの知識、経験が
及ばないことについては
頭で考える論理的思考よりも
感じる力、情景をイメージして
形にする能力が必要であり
その点で女性の方がより高い能力を
備えていることがわかったのです。

また、素晴らしい解答をした男子生徒
を思い返してみるとその生徒は
女性的な雰囲気をもっており
星座も乙女座というものでした。
今回の例はまさに女性的な性質に
備わった才能を現すものでした。

2つ目のポイントですが
今回の女性的な性質が
持つ才能が表現できたのは
今までの知識や経験が及ばない
領域だったからなのでしょう。
内容が理解できないながらも
そのコラムに使われる漢字、言葉から
何かを感じ、それを情景として
イメージできたからなのでしょう。

以前、「才能が認められる場所」の
記事でも書きましたが、今より
高いレベルのところに
挑戦することで才能が
引き出されるのです。

今回の例は今まで蓄積してきた学力が
及ばない高いレベルのものでした。
それが女性的な性質に備わった
才能をあきらにしたのです。

今回、才能について
「性質にも才能が隠されている」
ということがわかりました。
また、限界を越えたところに
挑戦することで才能が引き出される
ということも再度、確認することが
できました。

みなさんも限界が越えたところに
挑戦し性質に備わった才能を
引き出してみてはいかがでしょうか?

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする