何もしない時間

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私は、何か、少しでも時間があれば、

絵を描いたり、服を作ったり、

保存食を作ったり、

とにかく、何か作るのが優先で、

あまり、何にもしない時間を作らない。

または、SNSを見たり、

映画を見たり、本を読んだり、

何か、してしまう。

そういう性分なのだ。

あれは忘れもしない、

中学一年生の時の担任の先生の、

自己紹介と、皆んなへの一言。

とても旅好きで、

見た目も変わった先生だったけれど、

忘れならない一言を言った。

『みんな、1日の中で、5分でもいい。
考える時間を持ちなさい。』と。

深い所に刻まれた言葉は、

人生に深く作用するので、

この言葉のお陰で、

少しは考える習慣がついた。

それなのに、今、小さな子供を

育てていて、少しでも時間が空くと、

つい、色々やって、

隙間なく時間を埋めてしまう私。

だから、昨日、同時瞑想会、という、

家に居ながら、参加者それぞれが、

同時に瞑想する会に参加してみた。

考える時間ですら無い、

どこに思いを向けるでもなく、

スタートしてみた。

何かと繋がる感覚が来るのか?

と期待したが、

思いもよらぬ、古い記憶が浮かんで来た。

浮かぶに任せて、観察して見た。

すると、その出来事が、

長年抱えて来た悩みのような物と、

繋がっているという事に気付いた。

30分、そうやって、

何にもしないを、した。

何かしないと、時間が勿体無い、

と、いつもどこかで思っていた。

でも、なんと豊かで、

貴重な、何にもしない

時間であったことか!!

昔は、1日の中で、

考える時間を設けた。

これも大切だった。

けど、この、敢えて瞑想と言わず、

何にもしない時間と呼ぶが、

その時間を、意識して持とう、

と、思った満月の晩だった。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする