健康を手に入れるために②

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。
今日は、爽やかな晴天でした。心地良いと感じられるのも
健康な心身があってこそ。

何らかの慢性的な不調をお感じなら、生活や食の習慣を
見直すと解決の糸口があると思います。

アトピーやアレルギー症状でお悩みの方だけでなく、健康維持や
美容改善からも、全ての方にとって望ましい状況に身体を維持する
秘訣を継続的にお伝えしていきます。

前回の記事で、腸内環境は全ての健康の根源であることを
お話しました。
次に大事なこと、 あまり一般的に言われませんが、
それは、ミネラル成分をバランス良く摂ることです。

ミネラル成分は、体内環境の調節、エネルギーレベルを高保持
神経を落ち着かせる、酵素の働きを助ける(消化酵素、代謝酵素)
ホルモンや骨格の形成 などの働きをします。

酸性のミネラルは、塩素カルシウム、リン、硫黄、ヨウ素
アルカリ性は、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄などがあります。

中でもナトリウムは、血液循環と臓腑の機能を調整し、新陳代謝UP
過食の害を抑えます。
カルシウムは、血液浄化、過食の害を抑えるなどの働きがあります。

息子のアトピーの症状がみるみる引いていったのも、この
ミネラルバランスが好ましい状態になった時でした。
それは、丁度、杜仲茶を飲み始めてからだったのです。
(息子の場合は、他のお茶より効果が明確でした。)

杜仲茶には、鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム等の
ミネラル成分が豊富な上に、ビタミン類も含まれています。

ルイボスティーも同様に、ミネラルが豊富で、腸内環境を正常に保ちます。
また、三年間熟成させた 三年番茶も胃腸の冷え・腸のゆるみを治す効果、
強力な殺菌作用で体全体を綺麗にする働きがあるといわれます。
どれもカフェインが少ない為、子供にも安心です。

ミネラル、微生物、食物繊維が豊富なものを摂ることが超・腸健康の要と
言えますが以下がお勧め食材です。

雑穀・根菜・お味噌 お醤油・梅干し・お漬物・旬の野菜・野草・海藻
これらは免疫力を上げ、放射性物質の排出効果も期待出来ます。

メニューに悩む前にまず、身体に嬉しい効果のお茶を色々試されては
いかがでしょうか。
(ちなみに緑茶はカフェインが多めです。)
勿論、お茶だけで治るということではなく、その他の食事も大事に
なってきます。
また今後お料理メニューも順次ご紹介していきたいと思っています。

どうぞお健やかにお過ごしになれますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする