光と影の織り成す世界に

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

数十年の人生を経る中で気付いた事を述べようと思います。
人はこの世界に生まれ来て、数十年の人生を送る中で、
人は様々な出来事に出会います。
それは、予期しない出来事だったり、人の裏切りに見えるような事や
様々なネガティブに見える出来事に出会います。

それは、この世界が二元性、二極性の世界であると言う事です。
光と影、善と悪、良い悪い、健康と病気、幼老の別 生と死などです。
そして、それはこの世界に生まれて来た時に、この地上での物理的な
法則、ルール、約束事と言えるでしょう。

それは、生まれて来る前の天界とは違い、この地上界では個人と個人は
全く分断されているように見えるし感じます。
この地上界は単なる意識界ではなく、物質世界なのです。もっと言えば、
物質界+意識界です。そして、それ故に様々な意識レベルの人達が出会う
場所、地点であると言う事です。

さて、解りやすい例として、川下りをするカヌーを考えてみましょう。
カヌーは川の流れに沿い、岩にぶつからないようにし、急流でも上手に手こぎ
をしなければなりません。

そこで、水を考えてみましょう。川の水は流れており、川上と川の表面、
水の中と三つに分かれている事がわかります。

これを二元性に当てはめてみると、川上をプラス、川の表面をゼロ、
水の中をマイナスとし、ネガティブに例えます。カヌーが岩にぶつかったり、
引っくり返る事もあるわけです。これが、人生で遭遇するネガティブな出来事に
相当します。物事の成功や失敗、健康と病気、愛和と不和等、様々な二極性、
二元性が在る事がわかります。

であるからこそ、人間はこの地上で生きる事ができ、人生舞台を歩む事が
できるのです。そこには、様々な多種多様な人生が、そして、人格の持ち主が
いました。そして、心のレベルも様々なのです。・・・

単純化して言えば、自分の事だけしか考えられない人。このタイプをエゴ層の
厚い人とすれば、対して、愛や思いやりのある人。このタイプをエゴ層の
薄い人となるでしょう。

ちょうど、学校の五段階評価にも似て、光と闇のものさしの中で、どのレベルに
フォーカスしているかで、人格の現れが違うと言えるでしょう。これは、生まれて
このかた、何を価値として選び続けて来たか、その総体が自らの心にオーラに
その汚れ、曇り、またピュアさのカラーと言いましょうか、オーラの色彩は
彩られているでしょう。

さて、人間関係において、別の角度から、この二極性、二元性を述べて
みたいと思います。トランプにハート、スペード、ダイヤ、クラブの別が
有ります。これらのマークの形は、仮に心の形を表していると考えられます。
人は恋をしている時、心の形はハート形に成るとされています。そして、
オーラの色もピンク色に成るそうです。そして、面白い事に、ハートの形が
引っくり返るとスペードの形に成ります。
これは、何を意味しているのでしょうか?

私は愛と愛情の文字、言葉を区別しています。愛は元々、宇宙の根源的な
エネルギーでしょう。生命エネルギーの元と成るものでしょう。
対して、愛情とはエゴ意識に乗っかった愛と言えそうです。

ここで、オセロの原理が働きます。愛情が裏切られた時に、怒り、恨み、
憎しみ等に変換されます。これは、愛のエネルギーが変換された姿でしょう。
ホワイトがブラックに成る仕組みです。すると、ハートの形が裏切られたり
するとスペードの形の心の姿に成るのでしょう。すると、心に光が与えられなく
成り、苦痛を感じる仕組みです。だから、スペードはブラックなのでしょう。

ちなみに、私がトランプ占いをする時に、ハートは愛情運、ダイヤを金運、
クラブを仕事運と当てはめています。又、健康運と設定しても良いでしょう。
仕事運と健康運は関連しているからです。ダイヤは上下逆さまでも同じ形です。
これは、面白いですネ!

さて、人は誰でも心のトランプに相当するモノを持っていると思います。
そして、人とのやり取りはポーカーをしているようなものでしょう。
それが、人間関係の仕組みなのではないでしょうか!

誰でも低い数字のカードより、絵札が欲しいものです。そして、満足の行く
幸せな日々を生きている人は、心の中に絵札を集める事が出来た人では
ないでしょうか!そして、その為に、エゴに乗っかった愛情ではなく、
心の中に宇宙からの愛がたたえられている生命の泉が湧き出ているように
したいものです。

写真&執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする