本当に自分の為かどうか

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Yesと言った事に対して、

やろうと思っている事に対して、

出処は自分かどうか、見つめる。

つまり、それは、本当に、

自分がやりたい事なのか、

問いかける。

誰かのご機嫌をとる為だったり、

使命感や義務感だけなら、

辞めた方が良い。

そうもいかない、

との声が聞こえてきそうだ。

でも、なるべくやらない。

やらないで、生きて行ける方へ、

この瞬間から向かおう。

自分の人生の要素は、

シンプルで良い。

やりたい事、楽しい事、

本当は、それで良い。

自分が、本当に楽しい事って、

何なのか?

ちゃんと把握しよう。

そこに向かい、

そこで生きる為に。

そして、手元にある、

やりたくない事、

楽しんでない事、

それらを見つめよう。

楽しむ為には、

どうしたら良いのか?

本当に、

自分の為になっているのか?

変わらないと、と思うのではなく、

本来の権利、

幸せに楽しく生きて良いのだ、

と、いう事に気付けば良いだけだ。

環境や、境遇が、

必ずしも、幸せを、

決定しない。

何処にいても、

どんな時でも、

楽しむ為に生まれて来たんだ、

と、いう事を忘れてはいけない。

そして、自分の楽しさ、とは、

一体何なのか?

知らなければいけない。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする