健康を手に入れるために①

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。

いきなりですが、皆さまは今、健康でいらっしゃいますか?
どこかしらに不調を抱えていたり、何となくすっきりしない
という方が多いのではないでしょうか。
また、治療中の方もいらっしゃることかと思います。

身体の不調や病気は何故起こるのでしょう。
先天性であったり、その時々の環境、食、様々な原因があり、
一言で簡単に言えるものではありませんが、大半の原因は、
心、食、生活のいずれか、または複数のバランスが乱れていることで
起こります。
とはいえ、全てのことにバランスを保つというのは、易しいことでは
無いように思われますよね?

私自身、今でこそ健康に毎日を過ごせておりますが、子供の頃から
虚弱体質、低血圧、冷え性、便秘がちで、気分も塞ぎがち、
はつらつ・爽快 という言葉は私の中に無い語彙でした。

また、息子は生後間もなくからアトピーの症状が出ました。
主人が少し敏感な体質だったので、そうならないよう、お腹の中に
いる時から気をつけていたつもりでしたのに。

ステロイドに頼ることなく、息子のアトピーを快癒させた経験を
お話することが皆さまの一助になればと思い、何度かに分けて
原因や治るまでの経緯をお話いたします。

これは、健常な方でも同様に、知っておかれると良いと思います。
アトピー以外にも健康維持の為に、とても有効だからです。
アレルギーというのは、アレルゲンという様々な原因を水に例えると
コップからその水が溢れ出た時に症状が出るということで、
健常な方もある日突然、何かの症状が出る ということもあります。

そして、アレルギーの症状をお持ちの方は、特別なのではなく、
超高感度のセンサーをお持ちなのです。
(未然に危険なものを防ぐことが出来るとプラスに捉えたいです。)
症状が表れるタイミングに差があるだけで、
身体にとって良いものか否かは誰にとっても同じです。
(小麦や油のことは最近よく言われますが、それもまた改めてお話いたします)

身体を良い状態に保つ上で、最も大切なことの一つは、
腸内環境を良くすること。
これは、アトピーだけでなく、
全ての方の健康維持の為にとても重要です。

今でこそ、その大切さの認識が高まり、
腸内環境を良くするためのサプリなどが
出回るようになってきましたが、
日本人は昔からその大切さを知っていたのでしょう。
和食は、発酵食品の宝庫です。
お味噌、お醤油、納豆、お漬物(糠・しば漬け・麹漬け等)
それで、腸内を良い状態に保てていたのでしょうね。
ところが、食生活の変化で、発酵食品を摂る機会が減ったことが、
身体の不調の大きな原因の一因となっています。
また、乳幼児のアトピーの原因の1つに、
腸が未発達で消化能力が出来上がっていない内に、
早々に離乳食や母乳以外の飲み物を与えてしまうことがあります。
歯が生えて来る前に与えるのは避けたいものです。

腸の環境を良い状態にする
ということは全ての人の健康のためにとても大切なのです。
発酵食品がほとんど無く、
お肉等の高蛋白なものを沢山頂く現代の食生活では、
意識的に腸内環境を良くする働きかけが必要です。
高蛋白食品を摂り過ぎると腸内で腐敗し、メタンガスが発生します。
ですから和食が望ましいのですが、
現在の市販のお味噌やお醤油のほとんどは
促成で作られたもので、発酵食品とは言いがたいのです。
また、耐塩性酵母を殺菌していますから酵母が生きていません。
出来ればお味噌やお醤油は、
自然食品のお店等で売られている天然醸造と明記され、
材料がお米、大豆、麹等シンプルなもので、
3年以上発酵しているものが望ましいです。

その他の方法としては、私のお勧めは麹です。
乾燥麹は、スーパー等で入手出来ます。
一番効果的なのは、乾燥麹とお水を入れ、
ヨーグルトメーカー等で50度程度に保温して半日~20時間程度
置くと、甘く爽やかな発酵麹ができます。
これを毎日大さじ1杯程度頂くのは手軽で、腸内環境が劇的に良くなります。
息子はこれで花粉症も収まりましたし、ガスがすっかり臭わなくなりました。
親戚の叔母は、これでがんの症状が良くなりました。
麹をお醤油に加えて発酵させたりするのもとても美味しいです。
ただ、場合によっては合わない方もいらっしゃるので、ご自身に合った
最適の整腸作用のある乳酸菌等をお探しになると良いと思います。
腸まで届くサプリメント等も今は色々出ています。

勿論、いつも申し上げている玄米もお勧めです。

健康なお身体を維持、改善するために、腸内環境を良くすることを意識的に
なさることをまずお勧めいたします。

どうぞお健やかにお過ごしになれますように。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする