お金の器

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

突然の質問ですが
あなたのお金の器はいくらだと
思いますか?

私は500万円です。
今まで何度となく預金口座の
残高が減ってもしばらくすると
口座の残高が500万円以上に
なっています。
そして、なぜかそれ以上はなかなか
増えないのです。
明確な理由をここでは証明できませんが
経験上、これが私のお金の器だと
感じています。

人によってはドンドン、口座の残高が
増えていく人もいらっしゃる
かもしれません。
しかし、お金を沢山持っているから
といってお金の器が大きいかというと
そうではありません。

一度、0になってもある期間で
またその金額になることです。

ここで言っているのはお金を使わず
貯金しておくことではありません。
お金を使ってもある金額が
自分のところに集まることを
言っています。

皆さんにも経験はありませんか?
ある金額までは貯金が貯まるけれども
ある金額以上になるとなぜか
出費してしまい、またその金額に
戻ることが。
これがお金の器を示す、金額だと
考えます。

お金の器が大きい方は
お金の心理的な恐れから
解放された人だとも思います。
言うなれば、0になっても
私はまた同じ金額の資産を
作る事ができると信じているのです
無意識に思っているのです。

また、次のような場面を
思い浮かべて下さい。
あなたが一人で食事をするために
レストランに入りました。
食べ終わり、財布を開いてみると
1円も入っていませんでした。
その時、あなたは恐れを感じ
頭が混乱してしまいますか?
それとも、それに対して平然と
心を乱す事なく対処できますか?

後者であればあなたは大きな
お金の器を持っていることに
なりますね。
お金が無いからと言って自分が
世の中から拒否される事もなく
自分自身の価値を認めている
からです。

では、お金の器を大きくするには
どうしたらよいのでしょうか?
お金と正面から向き合い
お金に対する自分の心を理解
することだと思います。
お金に対する恐れを理解する。
お金を本来の役割として認める。

その一つの方法が自分で
ビジネスを始めることです。
自分自身で0からお金を
稼ぐ事ができるか
自分で確認できるからです。

みなさんもご自分のお金の器に
ついて考えてみてはいかがでしょうか?

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする