遠隔ヒーリング体験記③

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。
久しぶりになりますが、ヒーリング&遠隔ヒーリング
その後の状況をお伝えいたします。

私の基本的な食生活はゆるマクロビですが、血液が綺麗になり、代謝が良くなるので
細胞も活性化すると感じます。そのため、かなり心身共に安定した状態を保つことができ、
クリアで軽やかな毎日を送ることが出来ますが、
毎日セルフヒーリングを欠かさず行っているお陰で、
より一層感情の浮き沈みで心を乱すことが無くなり、
精神的に安定した毎日を送ることができています。
何が合っても動じない、一瞬心を乱すような不安要素があっても
直ぐ心を落ち着けることができます。

遠隔ヒーリングについては、出来るようになった当初、
友人知人の身体の不調や悩みごとの力になれると張り切っていたものの、
なかなか活かす機会がありませんでした。
そして、今年初めから母の力になりたいと思い、
こっそり毎日数分の遠隔ヒーリングを続けています。
母は、右手首を骨折し、思う様に右手が使えなくなり
大好きな手芸が出来なくなってからというもの、
すっかり消極的になってしまったのです。
何事にもやる気がなく、そして手術後以前にも増して、潔癖症と神経質に拍車がかかりました。
些細なことで、眠れなくなる。そんな状態が続いていました。
本人に、ヒーリングを受け取る為の方法を行って貰った方が、効果はあるようですが
断られてしまい、秘かに行っているのです。

大体1週置きに、実家に行っていますが、少しずつですが、
母が元気になっているのを感じます。
先週は、これまでペンを持つことすら億劫で、書類記入はずっと私に頼んでいたのに
食事の記録を毎日つけているとのこと。老眼もあり、見づらいでしょうに、
少し前なら考えられないことです。
そして長らく休んでいた散歩も再開。歩かないとね!と。
それがヒーリングのお陰といえるのか、と言われれば、断言は出来ませんが
長年母の性格をわかって見てきているからこその、意外な嬉しい変化です。

遠隔ヒーリングを行う時は、心の中で、『ヒーリングを開始します』との
言葉を言い終わるか終わらないかの内に、ビカーッとまばゆい閃光が目を閉じている
瞼の裏に必ず走ります。ピカどころではなく、ビカーッッなのです。
照明器具のせいではなく、天気も昼夜も問わず、
決まって遠隔ヒーリングの時に降り注ぐ光は強力です。
セルフヒーリングを行う際も、白い光が見える事がありますが、光の量が圧倒的に異なり、
遠隔で行う時の方が強いです。足からビリビリくる感触も同様に遠隔の際はより強いのです。
行っている私自身まで気持ち良く、眠くなってしまいそうになります。

それから、私の仕事が非常にスムーズに進んでいること。
これも全てヒーリングのお陰とは実証できませんが、処理能力は格段に上がっています。
これまで長年行っている仕事の一つに、仕上げるのに1時間はかかるものが、
半分の時間で、出来るようになりました。
また、私自身が頑張っても、お伝えする方の改善意欲や個人の能力差が大きく関わる
課題についても全てスムーズに進んでいて、面白い位です。
人間関係も配属された時はどうなることかと思っていましたが、とても良くして頂いて
いますし、先日は、社内での表彰という嬉しいご褒美もあり、増々張り合いが出ています。

そしてこれは明白。
先週の朝方、風邪の初期症状で頭がチクチク痛む、顎のリンパの辺りも
ズキズキすると息子に起こされました。
頭から顎にかけて手をかざして30分ほど。すっかり痛みがひいてまたたく間に
収まりました。
手から出る気も以前よりパワーアップしているように感じます。

先日、現在離れて暮らしている主人にも遠隔ヒーリングを告知せずにやってみました。
すると翌日に、昨日は、とても心が浄化されたような心持ちだったと聞きました。
実は、ヒーリングをしたのだと話したら、どうりでと納得していました。
翌日には、告知して実施したのですが、開始と同時に爆睡してしまったとのことで
その効果はまだ確認出来ておりませんが、また変化がありましたらお知らせしますね。

どうぞ今週もお気持ち爽やかにお過ごしになれますよう。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする