メッセージを受け取る方法~占いについて

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。
暑い毎日が続いていますね。涼しいのだと自律神経に言い聞かせてはいますが、
それにも程がありますね。緩やかで風通しの良い服で凌いでおります。
先日のブルームーンはご覧になりましたか?
とても明るく、力強い光を放っていました。

占いには、沢山の種類がありますね。手相、星座、四柱推命、タロット、数秘術etc.
多かれ少なかれ、気に留められたことがお有りなのではないでしょうか。
私は、長らく占いから遠のいていた時期もありますが、元来、好きなのでしょうね。
(過去世で、占星術学者だったそうです!?)
よくある鑑定サイトの無料鑑定、冷ややかに見ていたのに、好奇心でお試しのつもりが、
恥ずかしながら、長らく続けてしまったことがあります。
一向に生活環境が改善されず、この鑑定を進めたら、きっと上手くいくのでは!
溺れる者は藁をも掴む状態でした。
何故、続けてしまったかというと、身体にビリビリと電流が走ったり、
目を閉じると映像が見えたり、その時々で、様々な体感があったり、
あまりにもリアルな状況や感情が、当てはまっていたりしたからです。
それと「あなたの守護霊様が、守護神が・・・」と言われては、それを無碍にしては
申し訳無い気持ちになってしまってというところもありました。
半信半疑であったり、必死に賭けてみたり、
一気一憂、感情の浮き沈みが激しくなってしまい、
今思えば、必死で状況を変えたくて、とても心が乱れている状態でした。

占いは当たるのか否か・・・本当によく当たるものもあれば、そうでないこともあります。
今でも、否定はしません。
けれども、それよりはるかに安全で、良い方法に辿り着いた今は、私にとって
必要のないものだと理解しています。

心を磨いていくと、必要な様々なメッセージが送られて来ることに気が付きます。

メッセージを受け入れ、流れに乗る、自然体で、というのはある意味、委ねている部分も
あるのですが、自分の行動についての自主的な選択ではあります。
でも、占いに頼りすぎると、自分で決断せず、
自分の心に問う 熟考するという大切な作業が疎かになりがちです。

あるいは、煽られて自分が、こうしたい・・・という本当の気持ちを見失うかもしれません。
次第に流れに乗せられるようになっていってしまいます。
私の体験からの学びではありますが。

英語を通訳無しで、相手と直接お話した方が楽しいように、
神様や、サポートして下さる方からのメッセージをしっかりキャッチして
行動に移すと、上手くことが運ぶことを実感します。
実際に行動すれば、またメッセージを送って下さいます。

先日、仕事が終わり、ロッカールームで、たまたま友人に会った際、
「今日はこの後、出かけるので、お昼に買って食べ損なったおにぎりをあげる」
と言われました。
折角のご好意なので、頂くことにしましたが、私も家に帰るし、
コンビニのおにぎりではないので、添加物は入っていないけれど、
どうしたものかしらと思い巡らしていると、
そのすぐ後に、今度は別の方に会い、お話しながら一緒にエレベーターを降りました。
これから花火大会の花火近くのスポットから見るけれど、まだ時間があるので、
コンビニでおにぎりでも買って腹ごしらえをなさると。
『おにぎり!』
これはこの方に差し上げなさいということね。と合点して、経緯をお話して
お渡ししたら、とても喜ばれました。
こんなこと、よくありがちだとお思いでしょうけれど、
私には、『こんな他愛もないことまで、あなたを見守っているのだからね。』
とのメッセージに感じられ、心の中でほくそ笑んだひとコマでした。

どなたにもメッセージは送られてきます。
それを行うか否かで、情報量も状況も変わってきます。
それは自分の心から湧いたように感じられたり、全く自分の意と異なるものだったり・・・。
自分の心に問いかけて、ワクワクや心地よさが感じられるなら
あるいはそれに愛が感じられるものなら、活かして行動出来たら
きっとどんどん道が開けて行きます。

どうぞ今日もお気持ち爽やかにお過ごしになれますよう。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする