ワンネス その求められる時代性 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「全ての存在はたった一つの宇宙大の意識から生じています。」

あるスピリチュアル・リーダーの言葉です。

私の感じている、又、考えている事ですが、次のようなモノです。

人間の内界、内的宇宙=外的宇宙でもあるらしい。

一人一人の人間は瑣末なモノ等では無く、宇宙大の価値、

真実を持つ一人一人であるらしい。

般若心経に有る、色不異空や空即是色は、

人間は空としての宇宙と同じであると言う意味でしょうし、

人間は宇宙と等しい価値であると言う事でしょうか。

(色とは、光に反射する物質である事。ここでは、肉体の事を指します。

般若心経に出て来る言葉です。空は、空間の事であり、

実体が無いと言う意味ではありません。)

宇宙大の意識を一つの風船とすると、その表面を小さく捻った所

が、一人一人の意識であり、一人一人の個人と言う事だと思います。

イエス様が、父と一体であると言われたのは、この空間、宇宙全てと

一体であると言われたのでしょう。お釈迦様は、それを空と呼ばれた

訳ですが、同じものを言われていると思います。

さて、人によって、敵味方で、人を見る人が居ます。

又、物事の成否、マルかバツかの二見で決め付ける人が居ます。

ワンネスとは、そんな物の見方から自由なんだと思います。

世界情勢は、日々変化し、人間関係の在り方も変化し、

自分の心も体 も日々変化して行く。

病気や、失業、肉親の死等、人生の浮き沈みは、色々、有ります。

人生の困難な最中にもワンネスを感じられたら、心はいたずらに

苦悩に沈む事なく、坦々と生きられるのだと思います。

空を見上げ、その空とも、

又、夜には、星々とも一体であると感じられたら、

大きな力に成るでしょうネ。

郷ひろみさんの哀愁のカサブランカの歌詞に

「心のスクリーンの中」と言う歌詞が有ります。

又、平原綾香さんのjupiterの中に「深い胸の奥で繋がってる」

の歌詞が有ります。

「Every day l listen to my heart」

と最初に有ります。mindでは解からない事でしょうか。

誰でも、見えている世界は、心のスクリーンの中でしょうし、

心の奥に宇宙が有り、それが愛であるなら、

心の奥で繋がっていると言えるでしょう。

もちろん、人を騙したり、嘘を言う人、様々、困った人が居る

のは事実ですが、性善説は、本来の姿だと思います。

悪貨は良貨を駆遂すると言う一面は有ると思いますが。

今の時代は人類は量子的飛躍をしなければ成らない時期と言えるでしょう。

それが、ワンネスと言う事だろうと思います。

そして、今の時代に、未だ、領土争いや紛争が絶えないのも、

このワンネスの意識が、人類レベルで共有されていないからだと

思います。又、これが、人類の集合意識レベル迄拡がった時に

平和が当たり前の世界へと到達出来るのでしょう。

執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする