ココロからやりたいことだけをする自分時間のオススメ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今日から1週間夏休みです。
毎年のことですが
頭がグルグルになりながらも志事の調整頑張りました!
ご理解いただくお客様にココロからの感謝と敬意を。
ありがとうございます。

こうして特別に長期休暇を取る以外は
普段お休みがどうしても少ないので
(といっても、ONとOFFの区別がつきにくいのが自営業。
結局何をやったとして結果すべてが志事に繋がっていくのだから
いつの頃からか、休みを取るのも志事!飲みに出かけるのも志事!
なんでも志事!と思うようになり開き直っています)
それでもまるっと1日自分時間が取れる日は
ココロからやりたいことだけをする!と決めています。

今今は、気合い入れてのお掃除とお方付け(しながらの英語の勉強)
ファステイングと料理。

わたしのなかで掃除とファステイングはほぼ同じ位置付け
なんだと思う。
きちんと意識を向け、きれいにすることがすきだ。
*ファスティングとは?参考まで

日々最小限の掃除はしているものの、なかなか追いつかない。
毎日こまめに掃除して整理整頓できればもちろんそれは
すこぶる気持ちのよい素敵なことなのだけれど
なかなか難しい。
それに多分、掃除はあまり得意ではない。
でも、きちんと掃除されているところで過ごす方が断然気持ちいいから
自分自由を気持ちよく過ごしたいから
それには必然的に掃除も含まれる。

掃除することによって、いろいろなものが動く。
風が通る。気が流れる。
しばらく目に触れていなかったものたち
手を触れていなかったものたちに瞬く活気が宿る。
それにより、今こそ必要なもの、今は必要ではなくなってしまったもの
これからもずっともう必要ではないなと思われるものたちが
とてもクリアになるように感じる。

ファステイングも同じで
毎日毎日あたり前に食べている大切な食を見直すことに繋がる。
間を空けることで、胃や腸などを休ませてねぎらう。
またおつきあいよろしくお願いいたします。と堂々とお願いできる。
わたしはほとんどの食事を自炊するので、そのつくる時間と
食べる時間をまた別のスキなことに使える!ということにも
最近気づいてうれしくなった。

その日は早くに眠る。20時とかくらいには。
普段、早くに眠ろうと思っていてもなかなか早くは眠れないものだが
ファスティングの日は夜になると
食の欲望がムクムクと目を覚ましてくるような気がして
急いで眠る。
いつもより睡眠時間を少しでも多くして
カラダを休めることにも繋がる。
なんだかいいことづくしなのである。

やり始める前は、かなり頑張らないとできないかもなー、、、と
禁欲のイメージだったけれど。
食べることがダイスキだから。
はじめてみたら楽しくて楽しくてファスティングの日が楽しみに。

今ではファスティングをしながら料理もできるようになり
これにはちょっと、いやかなり驚いている。

掃除やファスティングを通じてたくさんのHAPPYを感じる。
毎日の志事。お客様。花たち。自分のココロとカラダ。
誰かのココロとカラダ、、、。
改めて大切にしようと思う。

目に見えるもの、感じられるものにきちんと意識を向け
きれいにすることは
きっとなかなか感じられにくいココロの中もきれいにしているに
違いない。

ココロがきれいであれば
すでに望みは叶えられたと同じでしょう。
わたしはわたしの望みを叶えるべく
いまここにいる。

写真&執筆 村上志乃


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする