これからの医学。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは~

木曜日担当の歯医者さんの三宅です

最近本当につくづく思うのですが、、

いわゆる西洋医学と呼ばれているいままで学んできた自然科学を基本にした

医学の発展は、今まで、

いわゆる目に見えるものだけの物質世界範囲だけに

絞られた狭い知識でなされてきたのだと思うのです

そういう目に見えない要素を欠いた私達の科学の発展は

すでに限界にきているように感じざるを得ないと感じるのですね。。

何故なら、心や感情や想念などの目にみえないエネルギーが

人の身体に大きく影響を与えることが

心理学の発展や東洋医学、ホリスティック医療、などの情報や様々な分野の繋がりから

今や大きくそういう世界が認識されはじめてきているからです\(^o^)/\(^o^)/

むしろ、そういう世界を無視しては

これからの医学は成り立たないのではないかと今感じるのです😄

筑波大学の遺伝子スイッチ・オンの村上和雄教授や

東大病院の現役バリバリの臨床医の矢作直樹先生や多くの科学者らが

祈りや魂の目に見えない世界が、

肉体やDNAに作用して色々な現象を引き起こしていることを当たり前のように

発信するようになりました👀

これからは、スピリチュアル的要素を私達の科学に当てはめる事が出来るようになれば

私達の科学力、医学の進歩は飛躍的にアップする事になると思います

例えば、人の”思念”で病気を直す事が出来たり、

物質の状態を変化させる事が出来たりする事実は”奇跡”ではなく、

本当に可能な”科学”なのではないかと思うのですね。。

さて、前回は、肉体の中に命、生命が在るわけではなく、

肉体、目に見える形を創るためのある種のエネルギー体がまず存在し

そのエネルギー体によって物質が引き寄せられ

目に見える肉体が形成されるというお話をしました

病は気から(前回の記事)

そのエネルギー体は、光の速度より振動が速いために

私達が視覚的に捉えようとしても、形あるものとして見ることはできないのですね

でも、私達は感覚的にそのことを「気」という言葉で日常的に感じています

そして、いわゆる病気というのは、

この「気」の流れが上手く行かなくなった時に

起きるということです(゜レ゜)

そして、この「気」の中の

生命体と呼ばれるエネルギーの流れがいわゆる「腺組織」を司り、

感情などのエネルギーの身体は、感情体と呼ばれて

「神経組織」と司っています

この、生命体と感情体は共に繋がりあって流れて肉体に作用しています

どのように流れているかというと、

上から肉体の、頭頂、眉間、喉、心臓、おへその周辺、性器、脊柱最下部

の7つにエネルギーのセンターのような中枢があります

それを「チャクラ」なんて呼んでいますが、

そこから「気」のエネルギーは出たり入ったりしています

そして、それらの振動は下から上にいくにつれて早く、細かくなってきます

そして、生命体、感情体のさらに 「高い振動数のエネルギー体」 に

メンタル体、更に高振動のコーザル体というものがあります

こちらは、「血液組織」を司って作用しています

それら(生命体、感情体、メンタル体、コーザル体)を視覚的にとらえたものを

皆さんは「オーラ」と呼んでいるのです

ちなみに、「メンタル体」は、魂の意志力とか、特別な才能とか、

この世でトレーニング、研鑽を積んで磨いた技、

習得した技術、高い思考力、洞察力、感情表現の記憶がここに記録されています

例えば一流の選手や芸術家の技や表現力は、

死んで肉体がなくなっても、ここに才能、エネルギーとして記録されて

次の生まれ変わったしかるべき肉体に宿り、

それにふさわしい肉体を引き寄せてくるわけですね〜

肉体〜生命体〜感情体〜メンタル体までが「私」と呼ぶこの世の領域です

そして、「コーザル体」はメンタル体より更に高振動のエネルギーで、

魂の器、本来の自己、ハイヤーセルフともよばれています

何度も繰り返される人生の知識や経験を貯蔵しています、

カルマを解消し、

バランスをとるために魂はここから学びにこの世に生まれ変わります

これを(輪廻転生)と言います

要は、このように人、といっても、

幾つもの目に見えない玉ねぎの皮のような、

重層的な構造になっていて

質の高い順番に影響を受けながら

(コーザル体→メンタル体→感情体→生命体→肉体)

目に見える肉体を形成してきます

と言うことは、です。

身体の健康状態だけではなく、

心の問題、状態、経済、仕事、家庭の状態が

全て身体に出るということなんです

あるいは、今までしてきた過去、あるいは、

これからするだろう未来のことも

全て身体に出てくるということなんです(^_^;)

例えば、苦しみや悲しみが感情の問題であっても、

魂や気のエネルギー体の不幸として、

必ず肉体に出る、ということなんですね〜(^^)

それで、この「気」全体のエネルギーの流れは

主に「背骨」を中心に流れているので

背骨を真っ直ぐにして、心身のバランスをとっていくのが

「ヨガ」であったり「気功」であったり「坐禅」であったりするわけです\(^o^)/\(^o^)/

感情や想念、自分自身の思い込みに気づきながら心を整え

メンタル体やコーザル体からの良い影響を受け取ります

そして、高次のエネルギーを受け取る「肉体の側の器」

ちゃんと整えるために背すじを真っ直ぐにして

少しだけ顎を引いて胸を張る

重心をつま先よりにする

それから、前にお話ししたように

上下の歯をほんの少し離し(THCの改善)

歯、離してますか?(^O^)(以前の記事)

舌の先を上の前歯の付け根に軽く触れるようにして

ゆっくりの鼻呼吸の深呼吸(息を長くして吐ききる)

こうすることにより、気の流れがスムーズに流れていきます

そして、何よりも大切なのは、

「笑顔」です

笑っている時、噛みしめる人はいませんよね〜😄

人は笑うことで、自分の振動数を上げることができます

楽しいから笑うのではなく、笑っていると楽しくなるのです

何故なら、笑っていると波動が上がるからです

笑いは、ヒーリング(癒やし)の効果があるのです!!😄

自分自身を癒やし、波動を上げて、少しでも高い次元の自分と繋がることが

肉体を健康にし、健やかで幸福な人生を過ごすことになるわけです

それは、とりもなおさず、世界を癒やし、宇宙の波動を上げることと、

全く同じことになるのです😄

読んでいただき、ありがとうございます\(^o^)/

写真&執筆 三宅信義


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする