自分のパワースポット

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さんには、自分だけのパワースポットがありますか?

パワースポットとして有名な場所は、全国に沢山ありますが、
そういう、万人にとっての場の話では、今回はありません。

私は、生活スタイルや、住む場所が変わる度に、
新しい、自分だけのパワースポットを設けております。

現在住んでいる高知県の、かなり田舎の場所では、
雷の日に倒れた巨木がある、木が密生した地帯が、私のパワースポットです。
倒れた木に触れると、パワーを貰えます。(この木は、波動が凄い!!)
これは、自分で作った設定ですが、パワーダウンすると出掛けて行って、エネルギーチャージ。
これで、元気回復、気力回復、また一歩踏み出せる、と、こんな具合。

ゲームなんかでは、よくある設定ですよね、触れたらパワー回復する星や、
食べたらパワーアップするキノコとか。そんな感じを思い描いています。

自分で勝手に決めているだけなんですが、不思議と、ちゃんとパワーが湧いてくるものです。

そして、ライフスタイルが全く異なっていた、
東京にいた頃は、ある時は、ギャラリー喫茶兼バーをパワースポットにしていました。
何となくうまくいかない時、そこに行くと、何かしら助言をくれる人に出会えるのです。
初めて行った時に、そんなラッキーに出会えて、以来、そこに行く時は、
また、そんな出会いがあると信じて疑わず行っていましたが、
何かしら答えを貰えていました。
人に出会えなくても、そんな作品に出会えたり。

また、ある時は、アンティークショップをパワースポットにしていました。
お店には悪いのですが、何を買うでも無く、古いものに触れると、心が落ち着いてくるような。
誰かが大切に使って来た品々から滲み出る思い出のようなものに
浸りに行っていたのかもしれません。
少し、センチメンタルですが。

でも、その時々で、自分にとって必要なものを得られるのが、
私にとってはパワースポットと呼ぶに相応しいと思っています。

こんな場所を作っておくと、中々便利なものですよ。
そして、その場所に深くは、こだわらない。
例えば、パワースポットにしていた店が潰れたりしても、
それは、その場所が、もう自分にとっては卒業、という風に捉えて、次を探す。
これもまた、楽しみの一つになります。

決して、名店巡りとかを勧めている訳ではありません。
自分だけの設定を作る事で、落ち込んでも、自然と引き篭もらず、
内側から湧いて来ない気力を助けて貰える方法のご紹介です。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする