経験を通して価値観は広がる

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気に入りの本や、映画が、皆さんにはありますか?

子供の頃、大好きだった絵本を、大人になってから読んでみたら、
新しい発見があった、そんな事はありませんか?

私は最近、自分が子供を産むなんて、考えもしなかった頃に見て、
お気に入りだった映画を、現在2歳半の息子がいる身になって、再度見ました。

その映画の主人公は、小さな子供なんですが、
初めて見た当時は、その主人公の視点で、その映画を見ました。
でも、現在、自分が母親になって、
その映画に出てくる母親の気持ちも理解出来るので、
主人公の視点だけでなく、
その母親の置かれている立場や、気持ちも踏まえて、映画を観れました。
そうすると、初めて見た時とは、違う味わいがあり、
より深いところで、その映画を好きになりました。

生きていると、様々な経験をしたり、様々な立場に立たされます。

会社勤めをされている方なら、最初は新入社員でも、徐々に役職が与えられたりして、
責任の重さも変わったり、人を育てたりしないといけなくなります。
最初には見えなかった様々な事が理解出来て来て、
それで、続けたいと思えたり、他の事をしようと決意したり。
たった一つの、会社という狭い場所を経ただけでも、
大分価値観というのは変化したりすると思います。

よく、大物になっている人程、
子供の頃にイジメにあったという経験を語っているのを目にします。
その当時は、さぞかし辛い毎日であった事でしょう。
でも、その経験をした事で、人の痛みを深い所で理解して、
大きな優しさと、人としての深みを手に入れたのだろうと思います。

良い経験も、悪い経験も、時が経つと、
全て平等に、自分の身になっているものなので、本当は、良いも悪いもないのです。

今が辛い方は、その辛さは、時が経つと、
自分の価値観を広げてくれる、一つの体験だと思って、通り過ぎましょう。

体験は、経験になって、過ぎて、自分の糧になっていきますから。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする