あなたと私 世界は鏡像関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

あなたが出会う人は丁度眼に見えない鏡を通して

相手と出会いあなた自身を映し出している

これを鏡像関係ともミラー・システムとも言う

姿形は違えども言動を通して

あなた自身の映し絵を見ているのだ

挨拶には挨拶で返し

売り言葉には買い言葉はネガティブな反応である

そして これは世界にも当て嵌まる

あなたが屈託が無い心で居る時

世界は輝き美しく見える

あなたが悩みに沈んでいる時

世界も空虚に暗く見えるだろう

そう 天国と言うも地獄と言うのも

自らの心の中にこそ在るのだから

生まれたばかりの頃を思いだして欲しい

世界は輝いていなかっただろうか?!

両親の笑顔に無上の喜びを

感じていたのではないだろうか?!

しかし 何時しかこの世界に

敵意 悪意の有る事を知る

この世界は安全な場所ではなくなり

危険とも隣り合わせの場所とも成る

いつしか競争の渦の中に染まり

それでも皆 ぶつかり合いながらも

懸命に生きて来たのだ

地球上67億人余りの人類は

人間と言う一つの種なのである

この世界に無関係な人と言うものは存在しない

人類一人一人が超生命であり宇宙でも在る神と伴に在り

一人一人はその生命の一側面なのである

皆 普遍的“私”と言うキリスト意識 仏性を持ち

唯一の不垢不浄の魂を共有 分有しているのだ

あなたが出会う人は別バージョン 波動の

あなた自身と言って良いのだ

姿形 人生経験 肌の色は違えど

皆 自分の事を“私”と言っているではないか?!

この“私”は普遍的“私”キリスト意識 仏性の

其々にその人なりの個性に彩られた“私”なのである

ヒマワリの種はガクで一つに繋がり一体で在るように

人間も皆一つに繋がっているのだ

それは 魂の根源的愛の生命において

一つだからである

人を愛する事は 自分を愛する事であり

自分を愛する事は 人を愛する事である

ここに豊かな調和の光が生まれるのだ

優しさ 思いやり 助け合い 理解 許し 慰め

愛は光であり伴に生かし合い支え合う事なのだ

そこに生命の本来の姿としての

生きる喜びが湧いて来るだろう

そして 宇宙とあなたの関係は

認識するあなたが居るからこその宇宙であり

あなたと宇宙は不可分の一体なのである

球体なる宇宙と中心ポイントとしてのあなたは一体なのである

人は誰でも真理に於いて

全宇宙があなたであり (空即是色) (宇宙即我)

あなたは全宇宙を必要としたし

全宇宙もあなたを必要としたのだ

ここに於いてあなたと宇宙は等価である

あなたは真理に於いて個我を超えた

超生命の宇宙なのだから

執筆 川井俊夫


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする