お社🌙

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

悟りの花はどこに咲く 悩みの池のなかに咲く🌿
京都市内ではありませんがひっそりと書いてありました。
とても印象に残ってます。

そこは片側木蓮 片側桜が並び、運のいい年は木蓮の花と桜の花の間を歩く事ができます。
なんて贅沢〜〜♪ 夢の様な気持ち良さです。

わたしの住んでいる地域は近くに二条城や壬生寺、イスラム圏の方の
1日5回のお祈りの場所、キリストの言葉、ヒンドゥー教の集り
神社仏閣など 自然やカミ様?を みじかに感じられる所が沢山あります。

一歩出ればお地蔵さんや小さい社があります。
自身は無宗教で 何処にも属してませんが 余りにも当たり前の様に
色んな神さまがおられるので
全ての宗教を自然に抵抗なく受け入れてます。
それぞれの信じてるものを 否定しても仕方ないのです。

秘かに必勝祈願のため、競輪選手や有名な選手がコソッと来られる
こじんまりとしたお稲荷さんの系統の神社もあります。

am4:30 ごろ起き、二条城ウォーキングをして帰宅し軽く水浴びをして
仕事に行かれる方もおられます。古くからの物作りの街でもあるので
出勤先は自宅のかたも沢山いらっしゃいます。

畳屋さん、漬け物屋さん、和菓子屋さん、和装小物屋さん などがあり
散歩するのも目を楽しましてくれます。

保守的なイメージのある京都ですが 新らしい事がすきで真っ先に取り入れる気質もあります。
古き良きもの 新らしいものも スルリと受け入れて、独自に斬新に仕上げたりされてます。

代々受け継いできたから 受け継いでいく気概があるから
時流に乗って商品も ネーミングもチョコっとアレンジされてます。

盆地のうだる暑さ えぐるような底冷え 内乱の世でのコロコロ変わる政権
文句を言っても仕方ない条件のなかで、知恵を絞りだしたり
どんな主義主張にも、上手く付き合えないと生きて行けなかったんです。

料理は戦国時代のなごりですか?と 突っ込みたくなるような基本日持ちのするものの様です。
それでは味気ないので 盛り付けや お皿に豊さを求めて
美しく仕上げたのではないでしょうか。

うなぎの寝床 (間口が狭く奥に長い) と称される家屋ですが
坪庭を作り 自然をそこに凝縮し 水を引き 知恵を絞り工夫して生きてきたんですね。

わたしは七条の西本願寺の近くで幼少期を過ごしました。
京都駅はすぐ近くです(^.^)
3年ほど前に奈良と京都の県境にある 所で会社勤めを辞めて
現在は四条大宮に住んでいます。前に小さな小さなお社があります。
何処までも社がすきな?市民の皆様。
根付いてるのです 古くから。

4.5.6.7 の感じで 東西に 四条 五条 六条 七条 ハ条 九条 十条〜〜
一条も二条も三条もあります。何だか笑っちゃいますね (^.^)

四条大宮は勿論京都駅からも近いですよ。
阪急も有り交通の便が良いですよ。

わたしは訳有って地下鉄には乗れないので意味がありませんが
大阪へも乗り換えなしでいけますよ。

空を見上げると、最近妙な雲をよく見かけます。
鱗模様なようでそうでないようで 妙な感覚に晒されてます。
そんな時は散歩します。多種多様な神さま?がいっぱい近所におられるのでラッキー♪です。
神社にいくと安心します。
無宗教と言いながら 神さま?の様な偉大な何かを信じてる自分がいます。
自然に感謝します。拠り所の社に感謝します。
ありがとうございます。

写真&執筆 俊美


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする