祈り咲くや🌿

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


それは何処からやって来るのでしょうか
何が 誰が 何者が
深く想いを念じても 届き先さえぼやけてる

虚しさに包まれてたたずんでも
人にまみれて惑わしても  導かれるように歩んでゆく

真っ暗闇の中で震える日々さえ
波が異物をさらってゆく

のこした何かはひと握り 本能でつかんだひと粒のヒカリ
それを頼りに信じるの そこに希望を見いだすの

この身を震わせ立ち上がる
一点、見据えて突き進む。

奄んちゅがね、
徳之島(奄美大島) から18の時こっちきてな、 田舎は仕事がないんや
言葉もちがうし 食べ物もちがう あわんでなァ〜〜
2年ほど会話する人もいんで 仕事だけしとったわ〜〜
俺の島ではな、海が透きとおっててな
毎日 アワビとかサザエ採ってな
いーっぱい採れるから食べきれない分は売りに行くんやぁ〜
ハブも捕まえてな、役所に売りに行くんやぁ〜

奄んちゅは 遠くを見つめて続けます
なぁーにもないところでな 海はきれいやぞー♪
空?
台風の通り道やし…大変やー 何回も危ない目におうとるしなぁ
空はしゃあない思とるんやぁ
海はな、透けて見透せて開放されるんやぁ〜♪
戦艦ヤマトもまだおるぞ
この島で沈んだんやぁ

……自身の歴史ずきなこともあり
奄美の女性に島の近代史を聞いたこともあり
何気ない島の方のお話しにとてもココロが揺さぶられます
奄美は自然豊かで人もおおらかで 海中遺跡も有ったり
闘牛やマラソン大会が盛んだったり
そこだけ見れば羨ましい限りですが、
本州と沖縄のはざまで 悲しい出来ごともあったようです。

奄んちゅ……😐
生きるために海に潜ってたんやね
サザエ一緒につかもうね
つぼ焼きにして 海辺でキレイなお話しきかせてね。

つかみきれない何かを想うとき
心さえ捨てて願うとき
エメラルドの海にすべいるとき
それは祈りに昇華する

そう思いませんか 奄んちゅさん
いつか島に連れていってね。

写真&執筆 俊美


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする