戻るよろこび

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは~

歯医者さんの三宅です

毎週木曜日に歯医者さんの目線から、様々な気づくことを

直感にしたがって書いています

実は先週の水曜日に子供が生まれて、

ここ2週間ばかりお休みさせていただいちゃいましたので

パワーアップして書いて行きますよ〜〜*\(^o^)/*

さて、今日は、、

お口の中の、被せ物、詰め物についてです

最近つくづく、思うのは、お口の中の金属が身体に与える影響なんです

お口の中に、虫歯で歯の部分が失われると、

その部分を何か別のもので修復せざるを得なくなってきます

その時のマテリアルが、大きく分けると三種類あって、

「プラステック」と「金属」と「セラミック」ですね

その中の、金属、特に重金属を含んだ材質(アマルガム、金銀パラジウム合金など)がですね〜

これが、直感的に絶対身体に良くない(*_*)っていうのはなんとなく感じるのですが、

いざ、色々調べてみるとそういう思いで捉えているせいか、

色々分かってきます

アマルガムという金属は、銀、スズ、銅、亜鉛、の粉末と水銀を混ぜて固まらせる合金ですが、

水銀(無機ですが)を使用していることから、

最近ではこの金属による色々な身体に弊害について

多くの歯科医院が、指摘し、認識し

その安全な取り外しによって、

それを除去する方向に向かっているように感じます

また、アマルガムだけではなく、

型をとってつくる金銀パラジウムの合金の詰め物もかぶせものも、

アマルガムほどではないにしても、

アレルギーや電磁波、お口の中の金属による電流がながれることや

まだまだ、理論的に解明されていない弊害が多く出てきそうな予感がします

実際、ドイツ、スウェーデン、スイス、などのヨーロッパの歯科医療先進国では、

これらの金属の使用を保健省が禁止しています

実際、僕も今までの経験から、

凄いアレルギーの人が金属をセラミックや硬い樹脂の材質に変えて

すご~く良くなった人を何人も治療しています

あと、舌がピリピリしたりとか、

お口の中に何か違和感が常にあって不快だったのが、

金属を外してセラミックにしたら、凄い良くなったとか、

など、など、思い出したら、

きりがないくらい金属の有害性を感じています(経験的にですが。。)。。

僕の経験上、お口の中に金属(アマルガムやパラジウム合金)が多い人ほど、何となくですが、

色々な病気を患っている

逆に言うと、お口の中に金属が無いか、

少ない人ほど健康で明るいパーソナリティのような感じがします

(あくまでも、僕のイメージですが(^^)!!・・)

口の中が明るく、軽くなると、それをキャッチして、

心や身体に反映してくるようなイメージがあります(あくまでも僕のイメージです(^^))

でも、そもそも、人間の持っている直感力って本当に素晴らしいと思うのは、

何となく嫌だなぁ〜〜

と思うものは、身体に良くないものが多いですよね~

全ては、本当は自分で分かっているのですね

だから、オーリングテストなどすると

無意識レベルでちゃんと「いやだ」と反応してくるのです

もともと、何が身体に良くて、何が悪いかは、

色々理屈をくっつけなくても、無意識レベルで全て分かっているわけです

それからですね~\(^o^)/

この記事を読んでいるあなたがいたとします

そして、それは、本当はこの記事が存在していて

それを今、「あなたが」それを読んでいるのではなく

あなたを通して、今正に、この記事を読む必要があった事が

「ただ起きている」という事なんですね

分かりやすく言うと

世の中で必要がある事だけが起きていて

必要のない事はなにひとつ起きないということなんです

だから、お口の中に入っている金属が、

身体に悪いという事実があるわけですが

それが、悪いか悪くないか、という事はあまり問題ではなく

実際正に、この記事を読んでいるという体験が、

あなたにとって必要だという事なんですね

それは、そろそろ身体や心に影響の出る金属は

やり変えたほうがいい、というメッセージかもしれませんし

必要なときに、必要なことが起こるので、

この記事に何か気持ちや考えがヒットしたら、

それはある意味チャンスなのかもしれませんね(^^)!

それで、もう一つ、(^^ゞ

何が今回書きたいかと言うと、

「戻すよろこび」なんです

この感じをおしえてれた、一人の若い青年がいます

その名前は「宇宙の子 マサ」くんです

彼は、何もない内モンゴルの砂漠に植林して

砂漠を草原を戻していったり

沖縄の海岸で観光客が捨てたり、

汚していった17万4700個(6.2トン)トンのゴミを一人で拾い集め

きれいな海に戻していったりしているんです

しかも、たった一人で、、です!!

誰が汚した、とか、誰の責任とか、誰が悪いとか、

何でこうなったか、とか、関係なく、

ただ、ひたすら、戻るよろこびを感じて行動しているんです

ただ、愛を表現するだけなんですね〜

詳しくはこちら→☞ http://ameblo.jp/masa-universe/entry-12023294111.html

そんな宇宙の子マサくんに感動して、

ちょっとシェアーしてみました

そう!戻るんです\(^o^)/

砂漠も、海も、お口の中も、、

戻ると信じて行動する

ワクワクする、そのプロセスが、

その波動状態が、

「今まさにここを生きる」という事なんです

お口の中が、綺麗になっていく

軽くなっていく

明るくなっていく

それは、もともと持っているものに「戻してゆく喜び」に触れていくので

何か、ワクワク、嬉しい気持ち、気分から沸き起こる

感動のようなものです

前にここで話したことがあると思いますが

予防って、ある意味怖れ、

病気にならないように、歯周病にならないように、とか、

虫歯にならないうように、とか、

怖れをベースに行動が起きているわけです

でも、本当は、そこを超えて

予防の概念を超えて、

本当は自分を愛するからブラッシングし、

自分を愛するから治療し、

自分を愛するからセラミックや身体にいい材質にしていく

それは、他人を愛し、世界を愛することと、

実は同じなのです

今正にここを生きると、

全てのものと繋がって

素晴らしい事が、奇跡が、どんどん起きてきます\(^o^)/

そういう一人一人の体験による意識が、瞬間に記憶となり、

集まり集合意識となり

社会を創り、世界を創り、宇宙を創造している全体があるのです

読んでいただきありがとうございます\(^o^)/

執筆 三宅信義


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする