才能を引き出す人間関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私は才能は使命への入り口だと考えています。
才能は個人の資質だけでなく
人間関係が才能を引き出すために
必要だと思っています。
まずは例として私のクライアントの
お話をいたします。

その方は昨年、大学へ進学した19歳の青年です。
数社の出版社に企画書を提出し本の出版を間近に控えていると
お話されていました。
作家として進んで行かれるのかとお聞きすると、
起業家になりたいとの夢をお持ちでした。
私がその方とお会いしたのは
私が講師を勤める塾の経営者のご紹介からでした。
その方は学生の頃、この塾の生徒として学び、
塾を出た後もこの経営者の方とご両親が親しかった
こともありお付き合いされてきました。
その後、この経営者の勧めで
外部のセミナーにも一緒に参加するようになり、
そこで出会う人達に触発され、
本を書くようになったのです。

その青年はなんとなくその経営者の方を慕い、
お付き合いしてきて今の状況に至ったと思ってました。

ご依頼を受けてマヤ暦で
その方の人間関係をお調べしたところ
まさに今の状況を裏付けすることがわかったのです。

マヤ暦は誕生日から本来の生き方
使命に気づくためのツールです。
人の特性、才能、人間関係の意味を
読み解くことができます。

マヤ暦では人間関係を4つに区別しています。

人生を導くガイドの関係
意思が通じ合う類似の関係
学びの対象となる反対の関係
なぜか惹かれ合う神秘の関係

その4つの人間関係に当たる人達に出会うことで運命が動き始めます。

今回の場合、
塾の経営者はその方にとってのガイドの役目を果たす関係にあることがわかりました。

また、マヤ暦で特性を示す紋章では青い手というものでした。
青い手とはまさに手を使うこと、書く才能を持っている事を示しています。
しかし、19歳で出版するというチャンスは
このガイドの役目である塾の経営者の方無しにはあり得なかったでしょう。
今後、夢である起業家としての道もこの経営者の方がナビゲートしていくことでしょう。

この青年は本当に幸運に恵まれて
います。まさに使命を生きている人は
このように才能を引き出すための
人間関係が準備されるのです。

この青年のように気づかない内に使命を生きている人もいます。
しかし、自分が使命を生きているのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

みなさんのご家族、友人、ご縁が続いている方など実をいうと
あなたの使命に影響を与える役割をお持ちの方かもしれません。
その方々があなたにどのような役割を持っているのかがわかると世界が一瞬で変わります。

まずは人間関係の意味を知ることから運命は動き始めます。

そうです、まずは周りの方との
人間関係の意味を知ってみることです。

ここで、私の例ですが、私のガイドの関係にある方は有名な講演家であり、
ベストセラー作家であり、実業家の方です。

直接話をするなど夢、ましてや名前を憶えてもらえる等ありえないことだと思っていました。

しかし、私にとってのガイドの関係だとわかってから、3ヶ月もたたずに、なんと!!
名前を憶えてもらえて、直接アドバイスをいただける関係になりました。

ガイドの関係は理想の人であってもいいのです。
会うことなんて、ましてや直接、話をするなんて
無理だよと思う方でもいいのです。

ただ、ガイドの関係だと自分で認めることで
現実にその方との関係が近づくのです。

前回、お話しした
「才能は認める事で現実すらも引き起こす」
ということなのです。

冒頭に書きましたが、人間関係も才能を引き出す要素の一つだと
言ったことはこのようなことからなのです。

ぜひ、皆さんもご自分の4つの人間関係を知り
運命の歯車を動かしてみてください。

写真&執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする