愛するということ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さまこんにちは。
唐突ですが、あなたには愛する人がいますか?愛されていると感じますか?

最近の私は、あらゆることに対してカテゴライズするということに
あまり意味を感じなくなっているのですが、
愛といっても対象が変われば様々な形、感情があります。
人はカテゴライズすることが好きですが、全て愛には違いありません。

どんな形の愛であれ、愛する人がいると、少し気が乗らないことも、
仕事も、自分磨きも頑張ろうって思えるものですね。

私には、息子と大切に思う人がいます。
二人がいるから、どんなことでも頑張ろうという気持ちになれます。
そして私を大事にしてくれ、受け入れてくれている。
真に必要とする・される人の存在で、こんなにも強くなれる、変われるものなのだと
今更にして実感しています。
そして3月の末、私が生まれてきた意味は『愛を学び、伝えること、愛の力が全てを強くする』
という言葉が沸いてきました。

家族・恋人・友人・隣人・人類・動物・植物・地球
そして、神様やサポートをして下さる方々。

愛することを忘れていませんか?
愛を頂いていることを見過ごしていませんか?

愛は欲して与えられるものではなく、
与えて与えて与えて、与えられるもの。

水が雨となり川から海に流れ、また水蒸気となり雨となるように
循環して自分にもたらされるもの。

けれど、神様やあなたの周囲の方は、いつも見返りを求めずに
愛を注いでくださいます。

太陽・月・星・空気・水・緑・動物・植物・思いやり
沢山の恵み。

感謝して、愛を注げば、その心は愛で満たされる。

誰を愛せばよいか、分からないなら まずはご自分を。
自分の気持ちを大切にしてあげてください。

『あなたはどうしたいの?どうありたいの?』
それを心に問えば、答えは見つかり、その答えに応えてあげれば
心の居心地がよくなるはず。

そして、心が渇いているとお感じなら、
あなたは愛されていることを思い出してください。

あなたの心が愛で溢れますように。

写真&執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする