チャクラ講座①チャクラとは何か

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

チャクラとはそもそも何なのか。
スピリチュアルの分野ではちょくちょく出てくる言葉です。

ご存知でない方のために、
知っているつもりになっていたけどもっとはっきりさせたい方のために、
チャクラとは何かついてお話ししていきます。

「チャクラ」という言葉は「車輪、円」という意味のサンスクリット語からきています。

実際にチャクラとは何かというと、
ハイヤーセルフと
霊体(霊レベルのオーラ)、
思考体(思考レベルのオーラ)、
感情体(感情レベルのオーラ)、
エーテル体(肉体レベルのオーラ)、
そして肉眼で見える肉体とをつなぎあわせている結び目のことです。

3次元の視点からは、
霊的エネルギーや生命エネルギー(プラーナ)の出入り口と言えます。
メジャーチャクラは7つとしているのが一般的です。
エネルギーの流れの重要な要と言ってもいいでしょう。

ハイヤーセルフと
霊体、思考体、感情体、エーテル体、肉体の
結び目として重要なチャクラは背筋に沿って身体の中心に並んでいます。
7つのメジャーチャクラの色のイメージは上にある図のとおりです。

メジャーチャクラは7つとされていますが、
マイナーチャクラやもっと小さなチャクラも合わせれば無数にあります。
手のひらや足の裏にも小さなチャクラはたくさんあります。
エネルギーに敏感な方でしたら手足がビリビリしたことがあるでしょう。

背筋に沿った体の中心にあるメジャーチャクラは
活性化していると熱く感じたり、ピクピクと動いているような感覚がします。
メジャーチャクラが開くとオーラにエネルギーが充電されている感じが分かり、
ちょっとした外傷やちょっとした疲れであれば短時間で回復してしまいます。

深い瞑想に入ることが出来ると、
「ピー」とか、
「スー」とか、
「キーン」というような音が聞こえます。

これを慣れていない方が体験すると、
(耳鳴りがしているんだけど大丈夫なんだろうか。)と心のつぶやきをしてしまいがちですが、
この不思議な音はチャクラが回転する音ではないかと思っています。
経験的に上記のような音がなっている時には、
エネルギー的になかり満たされたかんじで調子がよく,
身も心も軽い感じがして全てが上手くいっているという安心感があります。

この状態を一度、目を覚ました状態で味わうことが出来ると、
エネルギー的に弱っているのか、
エネルギー的にいい感じなのかが分かるようになります。

エネルギーが弱っている感じがして、
喉がイガイガする感じが少しでもしたら、
このままほったらかしにすると風邪をひきそうというように
自己チェックをすることができます。

その場合には、体を温めたり、
水分を充分とったり、
セルフヒーリングをしたり、
睡眠を充分とったりというように手を打てば、
薬を使わないで風邪を未然に防ぐことも可能です。
最近の数年では、不食の人が何人もあらわれてきていますが、
このような方々は、霊的エネルギーを生命力として使うことができているのでしょう。

真似をする必要はありませんが、エネルギーは食べ物を通さなくても
霊的なエネルギーを使いつつ生きている人もいるという実例があることを
知っていることでなんらかのブレイクスルーのキッカケになるかもしれません。

次回は7つのメジャーチャクラのうちクラウンチャクラについて
お伝えしたいと思っています。

執筆 立松幹緒


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする