天才の特徴

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

思考を手放しなさい。とか
思考が至高の存在との分離をつくっている。とか
思考によって今ここにいられなくなる。などということを
多少の表現の違いはあれど、スピリチュアルに興味のある方は、
本で読んだり、セミナーなどで聞いたりしたことがあるかもしれません。

タロットカードでもソード(剣)は、
火風水土の中の風をあらわしており、
風は思考を意味しています。
そして、ソード(剣)のカードの絵からは
幸せのかけらもみえません。

確かに、思考に使われてしまうと、
道が見えなくなったり、
自分や他人を傷をつけたり、
過去に引きずられたり、
未来を必要以上に恐れたりすることになります。

思考に使われてしまっている状態だと
思考でがんじがらめになったり、
慎重になりすぎて何もできなくなったり、
出口のない迷路に入ってしまったりします。

あきらかに、役に立たない思考は確認しながら手放すことで、
心が整理され、綺麗になり、スペースができるので、
インスピレーションを受け取る余裕が生まれます。

そんなわけで、私はいつもいつも心の掃除をしましょう。
と繰り返しお伝えしています。

心の掃除をするということは、
幸せを実感するために、進化成長するために
本当に重要なことだという確信があるので
何度も何度も表現を少し変えながらお伝えしています。

だからといって、思考はいつでも嫌われ者ではありません。
インスピレーションで得たアイデアが役に立つのかどうかを冷静に確かめたりできます。
権力者やなにかの分野の権威の言っていることが使えるかどうかを確かめたりできます。
インスピレーションで得たアイデアをわかりやすく表現したり、実現したりするときに、
道のりを小さな階段のようにして進行しやすいようにすることができます。

もし、全く思考がなかったら、
たまたま、権力をもった者が言いたい放題、やりたい放題になり、
客観的な判断や検証が行われなくなり暴走する可能性が出てきます。

つまり、思考の役割というのは、
インスピレーションで得たアイデアを確かめたり検証したりすることや、
インスピレーションで得たアイデアを実行可能なステップにしたり、
3次元の中にわかりやすく表現していくことにあります。

この記事の最後に、2人の天才の名言についての確認です。
発明王のエジソンの名言として、
「天才とは1パーセントのインスピレーションと99パーセントの努力だ。」

喜劇王チャップリンの名言として、
「天才とは1パーセントの才能と99パーセントの努力だ。」

ということは有名ですが、
これらの言葉をみていると、やっぱり努力のほうが大事なんだ。
コツコツとがんばっていればいつか成功をつかみ取ることができる。
と思ってしまいがちですが、エジソンとチャップリンの真意は違ったようです。

「私は1パーセントのインスピレーションがなければ、
99パーセントの努力は無駄になると言ったのに
世間は私の言葉を都合のいい美談に仕立て上げ、
私を努力の人と美化し、努力の重要性だけを
成功の秘訣と勘違いさせている。」(エジソン)

「私はたとえ99パーセントの努力をしても、
1パーセントの才能がなかったら天才にはなれないと言ったのだ。
才能を自覚した上で努力をすることが成功の秘訣なのに、多くの人は勘違いをしている。
1パーセントの才能という言葉は、才能が絶対必要だという意味なんだよ」(チャップリン)

やはり、インスピレーションが王様で、思考や感情や行動はその道具というスタイルが、
幸福感を味わいながら成長し続けるのに良さそうですね。
あなたのスタイルはいかがでしょうか。

執筆 立松幹緒


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする