気力が湧かないあなたへ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今まで、水曜日の投稿を読んでくれていた皆様、

どうもありがとうございます。

5月より、めでたく個人事業主として、ヒーラーとして、

活動を致しております。

この度、自分の活動の在り方の探求を深める為にも、

発信の仕方を絞っていきたいと思い、

グレイスライトヒーリングを、卒業する事に致しました。

このサイトでは、[パワースポットな人を育てる]、という

コンセプトのもとに、毎週、色んな切り口から、

情報発信して来ました。

最後になる、今日は、

そもそもの、

パワーが無い方、つまり、今、何かが原因で、

『気力の湧かないあなた』へ向けて、

私なりのメッセージを残そうかと思います。

=========================

疲れるは、憑かれるだ、との名言は、誰が言ったのやら。

本当に、確かに、取り憑かれた様に無気力になってしまう時って、

あるんですよね。

もちろん、私も経験済みで、

何でだか、身体の調子も芳しくないし、

顔も、何か冴えないし、だから、おしゃれしても決まらないし、

全身がおブスな感じで、人にも会いたく無い、

という具合の痛い時期がありました。

今思えばですね、90パーセントくらいは思い込みですし、

ちょっとの失敗や、痛手で、大袈裟に、

人生が終わったくらいに思っていました。

当時の自分の事を振り返り、

一本の映画を観る様にして眺めて観ると、

突っ込みどころ満載です!

ひとえに、自己愛に欠け、感謝に欠けていたのです。

薄暗い人生を送っていた、その当時、

能天氣に、光り輝く方がいました。

芸術家志望の、貧乏人であった私は、

喫茶店でアルバイトをする日々でありました。

そこは、常連さんで、ほぼ成り立っている様な、

小さく、心地良い空間でした。

毎日のように来るお客様の中に、

近くで、これまた小さい居酒屋を営む店主がいました。

いつも、少しお酒が抜けていない様な、スローな仕草で、

カウンターでコーヒーを飲んでいました。

そのおじさんは、ことあるごとに言いました。

『なせばなる、なさねばならぬ』

まるで、呪文のように、或は、でまかせみたいに、

サラリと放たれた、その言葉は、効力満載でした。

ある時には、アルバイト初日の、カチカチに固まって、

身動き取れない子に向かって、

『○○ちゃん、大丈夫、なせばなる、なんとかなる〜。』

とか、ふわふわ言って、リラックスさせてしまうのでした。

このおじさんの、この言葉の効力の秘密は、

おじさん自身が、とっても、

リラックスしている事なんです。

リラックスしているのが、ある、限定された場ではなく、

人生そのものに、生きる事そのものに、

リラックスしていたんです。

私は、今でも、

焦ったり、追い込まれた時には、

頭の中に、この、聖なるおじさんを、思い浮かべて、

なせばなる、なさねばならぬ、なんとかなる!

と、言ってもらっています。

効果は、絶大です!

今、力が湧かない方へ、

このおじさんのイメージを、私からプレゼントしますよ。

馬鹿にしないで、受け取ってみて下さいね。

力んでいるばかりで、一つも捗らなかった事が、

ゆるんで、動き出しますからね。

=========================

いつか、またどこかで、お会い出来ます様に。

どうぞ、会いにも来て下さいね。

私は、いつでも私しか出来ない事を、

続けて行きますから。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする