疲れを溜め込まないために

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

毎日、やりたいことや大好きなことだけを
選択して暮らせたら
ストレスはかなり少ないことでしょう。
でも、大抵の方が、生活の為に選んだ仕事で
ノルマや人間関係、忙しさと
ストレスを沢山抱えていらっしゃることと思います。

つい、一日の終りには
「はぁ~ 疲れた」
などと吐き出したくなるかと思います。
私も以前は、無意識にそんな言葉を
口にしていた気がします。

でも、脳がそれを聴いています。
それで、そうなんだ、と認識してしまうと
余計に疲れが増幅してしまうようです。
また、脳の認識には主語が無いそうですから
人の悪口なども、自分のことと捉えてしまう
そうですから気をつけないといけませんね。

ですから、
マイナスな言葉を言いたくなったり
言ってしまったら
後ろにプラスの言葉もつけて
相殺すると良いです。

「疲れた」より
「今日も沢山頑張って、偉かったね」と
自分をねぎらってあげた方が
ほっと力も抜けると思います。

実際に、ゆるマクロビ生活になり、
思考の癖がポジティブに変わって、
殆どマイナスな言葉は言わなくなりました。
食により良い健康状態を保てるからもありますが、
言葉の影響も大きいと感じています。
疲れを感じても翌朝にはスッキリ目覚め
疲れを引きずらなくなったと実感しています。

勿論、疲れを溜め込まないよう
早く寝たり、お風呂にゆったり入ったり
マッサージをしてもらったり
深刻な問題があれば、前向きに一緒に
考えてくれるような信頼出来る人に話して
自分一人で抱え込まないことも大切です。

一番のおすすめは、ヒーリングや瞑想ですけれど。
心がすっきりして、護られているんだと
実感できるので、心が強くなれるのです。

そこまでまだ、という方は、目を閉じて
鼻から息を吸って、口からハーっと息を出す。
深呼吸を朝と晩、
また、仕事の合間、緊張が高まった時などに
ほんの数分やるだけでもスッキリします。

生活リズムの速い現代の生活は、
知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっています。

深い呼吸、腹式呼吸は、心を整える他に
新陳代謝が活発にもなります。
ダイエットにも効果的ですし、
内臓、特に消化器官が強められ
いいことづくめです。

どうぞ、心と身体のこわばりを、
こまめにほぐしてあげて
溜め込まないように。

今日もお気持ち爽やかにお過ごしくださいね。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする