人間万事塞翁が馬

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

人間万事塞翁が馬
という有名なことわざについて取り上げます。

人間万事塞翁が馬は、
じんかんばんじさいおうがうま
というように読みます。

まずは、人間万事塞翁が馬ということわざが
どのような話から生まれたのかを見てみます。

中国の北の方、年老いた占い師とその息子が暮らしていました。
さらに北には胡という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました

ある日、彼ら親子の馬が北の胡の国の方角に逃げ出してしまいました。
この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので
近所の人々は気の毒がって親子をなぐさめに行きました。

しかし、当の老人は残念がる様子もなく
「不幸かどうかは分からんよ。
もしかしたらいいことがあるかもしれない。」
と言って平然としていました。

そしてしばらくたってから、
逃げ出した馬は胡の立派な名馬をたくさん連れて戻ってきました。

不幸に見えていた出来事が幸運な出来事を連れてきたので
近所の人々は親子の幸福をお祝いしに来ましたが、
老人は首を横に振ってこう言いました。

「もしかしたらこのことが災いのもとになるかもしれない。」

しばらくしてから、老人の息子がこの馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
息子の脚が不自由となってしまったため近所の人々は同情してなぐさめにいきました。

しかし老人はその様子を見て
「これが幸福を呼ぶことになるかもしれない。」
と言って平然としていました。

それから一年後、胡の国の異民族たちが城塞に襲撃してきました。
城塞の近くの若者はみな戦争に強制的に借り出されてしまいました。
なんとか胡の国の異民族たちから守ることができましたが、
戦争に借り出された若者たちのほとんどは死んでしまいました。

しかし足を負傷していた老人の息子は、戦争に参加することをまのがれて、
命を失うことなく無事でした。

以上のお話は中国の古典『淮南子』に書かれています。

人間万事塞翁が馬
このことわざの意味は、
城塞に住んでいた老人の馬がもたらした出来事のように
この世の出来事は福と災いのどちらに転ぶのかを予測できない。
最後まで分らないとされています。

目先の判断で出来事に対して意味づけをすることなく、
一喜一憂することなく平然と今を生きましょう。
という教訓があるかと思います。

私がインスピレーションで受け取ったメッセージである
『あらゆる出来事はプレゼントでありサインです。』
このメッセージに似ていたので取り上げてみました。

一見するとついてないとか不幸だとかというラベルを貼りたくなる出来事に対して、
もしかしたら、この出来事はプレゼントなのかもしれない。
と考えてみることで次の一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

もしかしたら、この出来事はプレゼントかも知れない。
この出来事から何かを学べるかも知れない。
この出来事のおかげで道を修正できるのかもしれない。
このようにとらえることで、更なる進化成長をするチャンスにすることができます。
ありがとう。と本心から感謝できる場面が増えそうですね。

執筆 立松幹緒


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする