アレルギーを治すのは?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今や、花粉症でない人の方が少ないのでは
ないかと思うほど、症状に悩まされている方が、
私の周りにも沢山いらっしゃいます。
『目を取り出して洗いたい』というお声を
よく聞きます。
本当にお辛いことと思います。

あなたもお悩みですか?
お医者さんでお薬をいただいているのでしょうか。

私の職場でもお薬を飲んでいて眠くなる、
薬の効果が切れた途端、鼻水が止まらなくて・・・
などとお話されているのを耳にします。

私は、花粉症の方とお話する機会があると
改善の要は!と話すと
そうなんですか?と意外と知らない方が
多いのです。

花粉症もアトピーなどのアレルギー症状も
発生する仕組みは同じです。

今日は、改善するための大きなポイントを
お伝えします。

一言で言ってしまえば、
『腸を大切に。』
につきます。

だからヨーグルト・麹
発酵食品を摂っている。
でも良くならない。
そういうお声が多いです。

それだけでは、腸を大切に
腸内環境を良くしているとは
言えないのです。

・食べ過ぎない
・コーヒーやアルコールなどの
刺激物・甘いものをなるべく摂らない
・食物繊維を摂る
・小麦粉は摂りすぎない
・ストレスをためない

こんな風に言われると
あれはダメこれをしちゃいけない
ストレスを溜めないなんて無理!

と余計にストレスが溜まって
しまいますよね。

何より肝心なのは、捉え方
心の持ちようなのだと
最近ますます実感しています。

コーヒーやアルコールといった
刺激物や甘いものが欲しいのも、
食べ過ぎてしまうのも
ストレスが溜まっていたり、
身体や心のバランスが整って
いないから、
ストレススパイラルにはまって
しまうのですね。

まずは、心を整えることが
腸を大切にすることにも
つながります。

なぜなら、腸は第二の脳と言われ
幸せと感じる神経伝達物質の
セロトニンのほとんどが
腸で作られているからなのです。

そのために
ゆったりした心持ちで
腸がリラックス出来ている
環境を作ってあげる思いやりが
まずは、大切なのですね。

~はいけない ではなく
腸や自分を思いやる気持ちで
腸が喜ぶ これを食べよう
内臓が頑張り過ぎたら可愛そうだから
食べすぎないようにしてあげよう
今日は、ゆったり音楽でも聞いて
のんびりしよう。

そんないたわりの気持ちで
自分の身体や心と向き合い
ゆったり構えたら
随分変わるのではないでしょうか。
(花粉症の方は、ボーっとする時間が
少ないとも言われています)

何をやるかやらないか
食べるか食べないか
ではなく

向き合い方を含め、
心・身体・自分を取り巻く環境

息子のアトピー・花粉症を
お薬に一切頼らずに改善し、
アドバイスで改善された方を見ていても

全てにおいてバランスが大切なのだと
理解しています。

これは、アレルギーだけでなく
全ての心と身体の健康について
言えることですが。

心地よい季節を愉しめますよう
ご自愛くださいね✿

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする