固まった身体を労ろう

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もう春がすぐそこですね。

この春から、新しいことを始める方も

多いことだと思います。

何でも、最初のうちは、緊張しますし、

思い通りにならずに、

イライラすることもありますよね。

家路に着き、自分の身体を触ってみると、

カチコチの、ガチガチ、なんて事も。

そんな時、お風呂や、ベッド、リラックス出来る所で、

一体、自分の身体の、どこが痛み、

どこが固いか、ゆっくり触ってみてください。

その痛みは、固さが出来たのは、

何をしたときなのか、振り返ってみましょう。

思い当たる瞬間の、

自分の感情も、思い出してみましょう。

怒り、怖れ、恥じらい、、、。

これらの感情は、なぜ生じるのか?

また、頻繁におこる感情ならば、

その事の原因になっている事が、

別にある可能性も考えてみましょう。

また、頭で考えてピンと来なくても、

身体を触ってみると、

どんな時に、

どんな所に自分が力を入れるのかが分かります。

奥歯を噛み締めていたり、そうすることで、

こめかみが痛んだり。

腰が引けているから、首が前に出て、

肩が凝っていたり。

これらの、自分のとっている、

姿勢やポーズを検証すると、感情が見えてきます。

怠慢な自分や、嫉妬する自分など、

あまり見たくない自分の姿は、

頭で考えるよりも、

こちらの方法の方が氣付きやすいです。

まずは、自分の身体を、

よく触る習慣を身に付けてみてください。

長年解消されない痛みが、

手放せるきっかけになるかもしれませんよ。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする