怒りと裁きを手放す

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

生活していると、

自分とは違う価値観の人に

多く出会います。

ちょっと自分の常識とは、

あまりにもかけ離れた人だって、

たまにはいますし、

その事で、

迷惑を被る事もあります。

そんな時に、

つい、善悪で裁いて、

相手を悪者にして、

怒りが込み上げる、

なんて事があります。

とても普通な流れなんですが、

これをやると、

自分の疲弊も半端ないです。

どんなに頭に来ても、

それが相手を変える事は

ないですし、

何しろ、自分の精神を

くたびれさせます。

だから、特に都会では、

関わらない、

見ない、知らない、知らんぷり、

こんな風潮に繋がるのでしょう。

しかしながら、

それも、潜在意識では、

しっかり関わっていて、

ダメージがあるから、

良く分からないのに、

鬱になったりするのだと思います。

身の危険がある様な事は、

もちろん回避しても

良いかと思いますが。。

そうで無いのなら、

ちょっと関わってみては

いかがでしょう?

空振りするかもしれませんし、

少し傷つく事も

あるかもしれません。

でも、氣になるのなら、

勝手に怒っていたり、

裁いて決めつけているのなら、

一歩踏み出して、

手放す為に。

人との関わり方って、

たくさんあると思うのです。

べったりでなくても良いでしょう。

ほんの一瞬、

目を合わせるだけの様な事が、

相手と自分を

変容させていくのです。

不自然に無視し続ける事は、

問題に蓋をする様なもの。

挨拶をするくらい自然に、

当たり前に、

見て見ぬフリをしない。

それが、

世界を変えて行くのでは

ないのかな、

と思います。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする