お金に愛される人になる①

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お金についての情報や知識は世の中に

溢れ返っていますが、お金の本質のついて

知っている人がどれだけいるでしょうか?

今回はぜひ、お金の本質に触れていただき

お金に愛される人になっていただきたいと

思います。

これから何回かに分けて「お金に愛される」

ためについて書いていきます。

これを読み終わった後には、あなたが

お金に愛されるような人になっていれば

これほど嬉しい事はありません。

では、本題に移ります。

まず、お金に愛される人になるためには

あなたと金との関係を考えることが

必要です?

私は人のお金のタイプには次の6つの

タイプがあると思います。

あなたはどのタイプに該当するか

考えてみて下さい。

①浪費家タイプ

計画もなく、お金を使います。

貯金をしていても何かの理由を

つけてはその貯金を使います。

これはお金をストレス発散の道具として

使っているからなのです。

浪費しないようにする前に

まずはストレスの原因を知る必要があります。

②節約家タイプ

良く言えば計画的、悪く言えば

ケチなタイプです。

何かと言えば節約を口にします。

しかし、目のまえの節約を追うがあまり、

全体的に見ると損をしていることに

気づいていません。

5円安い野菜を買うために片道30分もかかる

スーパーまで買い物に行ったりします。

そして、5円と得したと家族に自慢するのです。

③ギャンブラータイプ

来月、来年の事を考えず、

今の楽しみのためにお金を使います。

浪費家と似ていますが、

少し違うのはこのギリギリの状態を

楽しんでいることです。

逆にこの事を周りに自慢気に語り

英雄のごとく振る舞います。

良い人が多いのですが、

まわりに迷惑をかけている事に

気づいていません。

④無関心タイプ

学者、作家のように何か一つの事に

生涯をかけている人に多い傾向があります。

このタイプはお金を卑しいものと考えています。

極力、お金と関わらないようにしています。

このタイプには周りにお金のサポートを

してくれる方が必要です。

お金のサポートをしてくれる人がいなくなると、

その日暮らしにも困ることがあります。

⑤稼ぎまくりタイプ

お金を稼ぐ事に優越感を持っています。

自分が稼ぎ出した金額で社会的な評価が

決まると考えています。

しかし、このタイプはお金を稼ぐ事が全てで、

使う事には興味がありません。

このタイプの奥さんや家族には浪費家が多く、

稼いだお金をしっかりと使ってくれます。

⑥お金と幸せな関係のタイプ

お金、人間関係ともに健全な関係にいます。

まず、家族との人間関係がとてもスムーズです。

喧嘩や争い事があっても、その理由を

お金のせいにしません。

そのため、お金に対するストレスが

ほとんどありません。

また、お金を稼ぎ、お金を自分や家族のために

上手に使います。

お金で自分を表現する事が無く、

ストレスから自分も、家族も

お金を浪費することがありません

さて、あなたはどのタイプだと

思いましたか?

どれか一つのタイプに決まっていることは

少なく、この6つのタイプをそれぞれ合わせ

持っているというのが普通です。

どの傾向を強く持っているのか分かれば

あなたがお金に対してどのような関係を

持っているのかが分かります。

できれば「お金と幸せな関係」

になりたいですよ。

次回は「お金と幸せな関係を築く」

について書いていきます。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする